【相場流株技術】キリのいい株価(節目)には注意が必要? 株初心者にもわかりやすく解説します

こんにちは、インテク事務局です。

当サイトの監修者である相場先生のセミナーやラジオなどの中で「キリのいい株価」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「節目」とも呼ばれていますが、株価の動きを見ていく中で、このキリのいい株価について理解しておくことは重要です。

この概念を理解できていないと「せっかくトレードで売買シグナルなどをもとにエントリーしたのに損失が膨らんでしまった」ということにもなりかねません。

では、さっそく見ていきましょう。

この記事でわかること

  • キリのいい株価とは
  • キリのいい株価で注意すべきこと
  • キリのいい株価をチャンスに変える方法

キリのいい株価とは

キリのいい株価は上図の赤い点線部分のように、15,000円や20,000円などのキリの良い株価の部分を言います。

こちらのチャートは日経平均を表した株価ですが、個別銘柄などでも同じ概念が当てはまります。

見ていただくと、このキリのいい株価周辺で株価の上昇や下落が一旦止まっていることがおわかりいただけるかと思います。

キリのいい株価は「節目」とも呼ばれ、多くのトレーダーに意識されるポイントで、ここを抵抗線として株価の上昇や下落の流れが止まることがよくあるのです。

キリのいい株価で注意すべきこと

キリのいい株価で注意すべきこととしては、高値掴みなどの損失を被ってしまう可能性がある点です。

上図でいうと、一見上昇に繋がっていきそうに感じて、キリのいい株価周辺で買い玉を建ててしまうと、その後株価が下落して損失になってしまうような場面です。

高値掴みに関してはなぜ株は高値掴みしてしまうのか。その理由と対処法を徹底解説の記事をご覧ください。

こうした場面では、より慎重に建玉を行う必要があるでしょう。

上昇トレンドだから、このまま株価が上がり続けるだろうと考えて建玉をしてしまうと、危険かもしれません。

株式投資初心者の方は特に、一旦踏みとどまって経過を観察するようにしましょう。

キリのいい株価をチャンスに変える方法

キリのいい株価は注意しなければならないこともある反面、チャンスに変える方法もあります。

上の図の中でもあるように、抵抗線として流れが止まることもありますが、そこを抜けると上昇や下落の勢いが加速するケースもあるのです。

このキリのいい株価付近での攻防は、観察してみるとおもしろいでしょう。

なかなかキリのいい株価を抜けられずにその価格付近で株価が停滞するか、キリのいい株価を更新できずに下落していくか、キリのいい株価を更新して流れに勢いがつくかなど、株価の動きがわかれやすいポイントです。

ただ、キリのいい株価を更新したからとすぐに玉を建ててしまうと、その後逆側に株価が動き出す可能性もあるため、しっかりと流れを見極める必要があるでしょう。

ここは、一朝一夕では上手くいくわけではないので、繰り返しの修練で技術を習得していく必要があります。

当サイトの監修者である相場先生が主催する『株塾』では、このような場面でのケーススタディーも多く扱っています。

書籍などではなかなか解説しきれない生の講義が満載ですので、ご興味がある方は下記のページもご覧になってみてください。

まとめ

  • キリのいい株価は上昇・下落の流れをストップさせることがある
  • キリのいい株価付近での建玉には注意が必要
  • キリのいい株価はチャンスにもなるが、技術の鍛錬が必要

いかがでしょうか。

今回は、キリのいい株価について見てきました。

利益にも直結しやすい内容なので、しっかりと覚えておきチャートを見るようにしましょう。

もう損しない!
企業の業績やニュースに惑わされない
相場師朗(あいばしろう)
株塾無料レッスン
mv

株トレードにおけるエントリーやエグジット、銘柄の選定方法などに悩んでいませんか?
本レッスンは、プロトレーダー相場先生による

  • なぜ、企業の業績やニュースをチェックせず利益を上げられるのか
  • 継続的に利益を上げるために必要なこととは
  • 現在3,500 名以上が通う 『 株塾 』 とはどんなところなのか

など、株トレードをする上で押さえておくべきポイントを、毎日メールにてお届けしている無料のレッスンです。
ぜひ、あなたの今後の株トレードにもお役立てください。

インテク監修 株式投資歴36年以上のプロトレーダー 相場師朗の最新情報をお届け!

合わせて読みたい

【相場流株技術用語】くちばし・逆くちばしとは? 株初心者にもわかりやすく解説

こんにちは、インテク事務局です。 当サイトの監修をされている「相場師朗(あ

open & close