靴磨きが株に関心を持ち始めたら天井に近い?「靴磨きの少年」の話を解説

こんにちは、インテク事務局です。

いきなりですが「靴磨きの少年」の話を聞いたことはあるでしょうか。

この話は、株式投資の世界において、市場の天井や暴落を知ることができる話として有名です。

話の内容を知らない人からすれば、靴磨き屋と株式投資にどのような関連があるのか全く想像がつかないでしょう。

ただしこの靴磨きの少年の話は、作り話なのか事実なのか本当のところはよく分からないままです。

そのため、話を完全に信用するのではなく、比喩として話の内容を理解することが大切です。

そこで今回は、「靴磨きの少年」の話や比喩とされる内容を、どのように理解すれば良いのかを紹介します。

この記事でわかること

  • 靴磨きの少年の話について
  • 靴磨きの少年と似た話について
  • 靴磨きの少年の比喩をどのように理解すれば良いのか

靴磨きの少年が、株に関心を持ちはじめたら天井に近い?

「靴磨きの少年」は株式市場の株価が、天井に近い状態を知らせる話として有名です。

話の内容としては、ジョセフ・P・ケネディ氏(米国大統領ジョン・F・ケネディの父親)が、靴磨きの少年に靴を磨いてもらった後、靴磨きの少年から「〇〇の株は上がるよ」「〇〇買えば儲かるよ」と言った話を聞き、保有している銘柄を売却したことで、大恐慌の始まりである「暗黒の木曜日」を避けることができたというものです。

この話で肝心な部分は2点あります

ひとつは、なぜケネディ氏は靴磨きの少年から話を聞いただけで株の売却を決めたのか。

ふたつめは、なぜ市場の大暴落を見事に避けることができたのか、です。

多くの人は、靴磨きの少年から話を聞いただけでは、”子どもが株式投資の話をするくらい世間は盛り上がっている”としか思わないでしょう。

しかし、ケネディ氏は「靴磨きの少年が株式投資の話をしたこと」から、株式市場の天井を察知することができたのです。

市場が暴落する前のサインとして有名な比喩

1920年代の靴磨きの少年と言えば、稼ぎは少なく、株式投資を行うほどの資金は持っていないはずです。

それなのに株式投資の話を持ち出し、儲かるという観点しか見えていないことにケネディ氏は気づき「こんな少年までもが株を買えば儲かると思っているのであれば、ここから株価は下がるに違ない」と予測しました。

その結果として、大暴落を避けることができたそうです。

この話は、市場の天井や暴落する前のサインとして有名な比喩です。

ポイントは、金融情報の最先端であるウォール街のサラリーマンやトレーダーの話ではなく、最後に情報が伝わる子どもの話、という点です。

投資を行えるほどの資金や知識を持っているはずのない人、しかも少年が株式投資の話をし出した、という点が重要になります。

もしかすると靴磨きの利益から株を保有し、利益が出ていたのかもしれません。

ですが、それよりも常連客達の「株は儲かる」という世間話の受け売りである可能性が高く、株を買えば儲かるという視点しか見ていないことがわかります。

さらに常連客達の間で流行った話が伝わった後なので、この後に大口の投資家たちが株を買うはずがないと予測することもできるでしょう。

以上のことから、投資とは程遠い存在である靴磨きの少年が株式投資の話をしたことにより、このように予測することができます。

「市場はすでに過熱状態にあり、これ以降株を買う人はあまり出てこないどころか、先行投資を行った人たちが売りに来るだろうと予測することができる」

作り話か実話か分かりませんが、ケネディ氏の頭の回転の良さも際立つ話です。

靴磨きの少年と似たネタ話は他にも存在する

靴磨きの少年のような話は、他にも存在します。

靴磨きの少年を含め、こういった話は事実でもありネタ話でもあると紹介されることが多いのですが、歴史的に見ても株式市場が盛り上がりを見せた後に急落や暴落がやってくることが多いのは事実です。

そのため、ネタ話として捉えつつも投資の参考にしてみるのは良いかもしれません。

ここからは実際、他の似た話や参考にする際のポイントを紹介していきます。

株価の天井や暴落を知ることができるネタ話

靴磨きの少年と似た意味で使われる話として、「主婦やタクシー運転手が、株や投資の話をし始めると天井になる」というものがあります。

どちらも、普段から投資に興味が無い人たちが株の話をし出すことから、市場の盛り上がりが末端まで広がったということで、天井を予測することができるのです。

さらに主婦やタクシー運転手に株は儲かると話をするのは、主婦仲間やタクシーの乗客以外に、メディアによる影響というものもあります。

普段は株に興味が無い人たちにまで、”株は儲かる”という認識が広がれば、メディアに投資関連の広告を出している側は売り上げを期待することができます。

つまり広告主のために、すでに過熱感がある状態だとしても「株は楽に儲かる」といった話題を、メディアが取り上げるのです。

そういった裏があることから、主婦やタクシー運転手が株の話をすると、天井が近いと知ることができるのです。

ネタ話でも、参考にしてみるのは1つの手段

ここまで紹介をしてきた靴磨きの少年などの話は、基本的には作り話であるとされることが多いです。

テクニカル分析のように根拠があるわけではなく、作られたように上手くいく話であるためです。

しかし、歴史的な株価暴落前には、作り話同様の状況が見られるのは事実です。

このことから、似たような話が多く存在するのは、歴史は繰り返しているということでもあります。

株式投資以外でも、不景気には「楽に儲かる話」や「必ず成り上がれる方法」というのが本やネットで出回ります。

ここまでお伝えしてきた通り、作り話を完全に信用するのは危険です。

自分でチャートを確認し分析することで、「天井に近いのか」「いや、まだ株価は上昇する」のかを予測してください。

そのためには、しっかりと情報収集をしながら、株の技術を磨いてテクニカル分析を行えるようになっておく必要があります。

テクニカル分析についてはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析とは? それぞれのメリット・デメリットを解説しますを参考にしてみてください。

まとめ

  • 靴磨きの少年の話は、株式市場の天井を予測できる話
  • 靴磨きの少年と似た話で、主婦やタクシー運転手の話がある
  • 投資とは遠い存在である靴磨きの少年が、投資に興味を持てば市場は過熱感があると知れる

いかがでしたでしょうか。

こういった靴磨きの少年の話も、役に立つとは限らないのですが知っておいて損はないかと思います。

直接的に役には立たないかもしれませんが、現在の市場環境を分析するための材料にはなるはずです。

しかし忘れてはならないのが、あくまでもチャートをきちんと見ることができる「技術」を持っていることが前提となる点です。

そのためにも、まずは当サイトの他記事や、株塾で株の技術をしっかりと学んでいきましょう。

もう損しない!
企業の業績やニュースに惑わされない
相場師朗(あいばしろう)
株塾無料レッスン
mv

株トレードにおけるエントリーやエグジット、銘柄の選定方法などに悩んでいませんか?
本レッスンは、プロトレーダー相場先生による

  • なぜ、企業の業績やニュースをチェックせず利益を上げられるのか
  • 継続的に利益を上げるために必要なこととは
  • 現在3,500 名以上が通う 『 株塾 』 とはどんなところなのか

など、株トレードをする上で押さえておくべきポイントを、毎日メールにてお届けしている無料のレッスンです。
ぜひ、あなたの今後の株トレードにもお役立てください。

インテク監修 株式投資歴36年以上のプロトレーダー 相場師朗の最新情報をお届け!

合わせて読みたい

円高と株安は関係性がある? 株価に影響を与える為替の円高と円安

こんにちは、インテク事務局です。 株の取引を行っている人の中には、株価チャ

open & close