【株技術】プロトレーダーが「最初の1億円を稼いだ方法」を大公開!

こんにちは、インテク事務局です。

 

今回は、当サイトの監修者でもある投資歴36年以上のプロトレーダー 相場師朗(あいばしろう)先生が語る

 

「プロのトレーダーが、最初の1億円を稼いだ方法」とは

というテーマの動画をご覧になっていただきたいと思います。

 

提供元:『相場師朗の 株式投資のはじめかた 無料メール講座』

 

いかがでしたでしょうか?

 

若き日の相場先生は、独学で

「株価は上げ下げを繰り返している」

 

というチャートの真理に辿り着き、上昇はもちろん、下落も空売りで余すところなく取っていくことによって、莫大な資産を築かれました。

 

しかも、元手は学生時代に溜めた60万円だったというから驚きですよね。

 

 

相場先生の著書『世界一安全な株のカラ売り』によれば、相場先生の資産のうち約60%は空売りで取ったとのことです。

 

つまり、買い一辺倒ではなく、買いと売りの両方で上げ下げすべてのチャンスを狙っていたということなんですね。

 

そして、上げ下げ両方で利益を得ることを可能にしているのが、江戸時代の米相場の時代から続いている伝統のある技法であり、相場先生が『株塾』や全国のセミナーなどで現代風にアレンジしてお伝えしている

 

「うねり取り」

 

と呼ばれる手法です。

 

 

相場先生の「うねり取り」に興味があるという方は、ぜひ無料のメール講座も併せてチェックしてみてくださいね。

インテク監修 株式投資歴36年以上のプロトレーダー 相場師朗の最新情報をお届け!