四本値(よんほんね)とは? 4つの価格とローソク足の基礎

こんにちは、インテク事務局です。

「四本値(よんほんね)」という言葉をご存知でしょうか。

四本値は、株式投資の分析時に使う値段のことで「始値」「終値」「高値」「安値」のことを総称していいます。

では、それぞれの値はどんな情報を持っているのでしょうか?

そこで、この記事では株式投資の基本となる四本値について、初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

この記事でわかること

  • 四本値の概要
  • 四本値によるローソク足の成り立ち
  • ローソク足が表すトレーダー心理

四本値(よんほんね)とは

前述した通り四本値とは、「SMBC日興証券用語集」によると、

四本値とは、ある一定期間の始値、終値、高値、安値の4つの価格のことです。

と記載されています。

ここでの“一定期間”とは、チャートに表示する足種(日足、週足など)によって1日や1週間などさまざまです。

では、さらに四本値を深堀りしていきましょう。

始値(はじめね)

始値とは、一定期間で最初に取引された価格です。

例えば一定期間を1日(日足)とする場合、株式売買が始まるのは9時からですが始値が必ず9時の株価になるというわけではありません。

株式売買が成立するには、買いたい人と売りたい人の売買株価が一致する必要があるからです。

もしその1日で最初に売買が成立したのが9時10分であったとしたら、始値は9時10分の株価になります。

終値(おわりね)

終値とは、一定期間で最後に取引された価格です。

始値と同様に、日足で考えた場合に市場が閉まる15時の株価が必ず終値になるというわけではなく、15時までの間で最後に売買が成立した時間の株価が終値になります。

高値(たかね)

高値とは、一定期間でもっとも高く取引された価格です。

安値(やすね)

安値とは、一定期間でもっとも安く取引された価格です。

四本値はローソク足を構成している

四本値は株価チャートを描くのに必要な「ローソク足」を構成しています。

つまり株価の動きをチャートで分析する際、四本値は重要な存在と言えるでしょう。

株価チャートをよく見ると、上図のように白い箱や色が塗られた箱で構成されています。

このひとつひとつの箱をローソク足といいます。

では、四本値はローソク足にどのように反映されているのか見てみましょう。

ローソク足の成り立ち

ローソク足ができるまでの流れを追っていきましょう。

1.ローソク足をつくる期間を決めます。(日足、週足、月足など)

2.その期間の始値と終値を確認し、その価格のラインに横線を引きます。

3.2で書いた線を縦に結んで、長方形を作ります。

これを「胴体」といいます。

4.胴体の真ん中の延長線上に高値と安値を書き、線で繋ぎます。

胴体からはみ出した線を「ヒゲ」といいます。

5.始値より終値が高い場合、胴体は白抜きです。

これを「陽線」といいます。

・始値より終値が安い場合、胴体を黒く(白以外の色で)塗ります。

これを「陰線」といいます。

ローソク足は四本値を使ってこのように描かれます。

形状や陽線・陰線の色は証券会社にもよって異なるのでこの限りではありませんが、当サイトの監修をしている相場師朗(あいばしろう)先生がお使いになっているパンローリングのチャートギャラリーでは、白色のローソク足が陽線、黒色のローソク足が陰線として示されています。

陽線と陰線の攻防

前述した通り、始値より終値が高いものを「陽線」、始値より終値が安いものを「陰線」といいます。

陽線は買い方と売り方が戦った結果、買い方が強かった結果です。

一方陰線は、売りが強かったことを表しています。

また、胴体が長いほど買い方(売り方)の勢いが強いです。

上図のように、上昇の局面では陽線が多くなり、下落の局面では陰線が多くなります。

このような局面を、上昇トレンド・下降トレンドなどと呼びます。

トレンドについて詳しくは、株のトレンドについて知る! テクニカルにおける上昇・下降トレンドとはの記事をご覧ください。

胴体とヒゲから考えるトレーダー心理

ローソク足の胴体は、市場が始まる前にトレーダーが慎重に判断してついた「始値」・トレーダーが実際に売買した結果である「終値」からなっています。

ですので、胴体こそが“トレーダーが冷静に判断してつけた株価”です。

ローソク足のヒゲは、一定期間内に瞬間的に値上がり・値下がりした価格で、最後は「終値」まで保てなかったということを表しているので、トレーダーの動揺や焦りを表したのが「高値」「安値」ということが言えるでしょう。

ローソク足を分析して、トレーダー心理を読み取ることも大切になってくるでしょう。

まとめ

  • 四本値は始値・終値・高値・安値から形成される
  • チャートの元となるローソク足は四本値からできている
  • ローソク足は陽線と陰線で区別する

四本値とは始値・終値・高値・安値からなる、株価分析に必須の指標です。

チャートのローソク足はすべて四本値から成り立っているので、応用するとトレーダー心理や市場の状況を理解することが可能になるでしょう。

テクニカル分析によりトレードの精度を上げていくためには、まずは基礎をしっかりと押さえておく必要があります。

株式投資の基礎をもっと学びたいという方は、初心者向け 株式投資の勉強の「正しい」やり方の記事をご確認ください。

その他にも、当サイトでは株式投資における基本的な知識からわかりやすく解説をしているので、いろいろとご覧になってみてください。

知っておきたい株式投資用語集|マーケットや指数・指標に関する基本用語 その1

知っておきたい株式投資用語集|マーケットや指数・指標に関する基本用語 その2

知っておきたい株式投資用語集|マーケットや指数・指標に関する基本用語 その3

インテク監修 株式投資歴36年以上のプロトレーダー 相場師朗の最新情報をお届け!