ポイ活とは別?ポイント投資は投資未経験者にもおすすめできる!

こんにちは、インテク事務局です。

買い物や支払いの際に、現金支払いからキャッシュレスに移行する人が増えつつありますね。

ところでみなさんは、ポイントを意識して貯めていますか?

ご存知だとは思いますが、クレジットカードやキャッシュレスによる支払いで付与されるポイントは、付与後であれば現金のように使うことも可能です。

そしてそのポイントを、株式投資に使うことができることはご存知でしたか?

2016年にクレジットカード大手のクレディセゾンが、買い物で貯めたポイントで「永久不滅ポイント運用サービス」をスタートさせました。

その後は参入が相次ぎ、2019年4月には3社がサービスをスタートさせるなど、投資初心者や若年層をターゲットに輪を広げています。

貯金を崩してまで投資をはじめることに抵抗を持っている方でも、ポイントによる投資であれば始めやすいと思う方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、いま話題のポイント投資について紹介をしていきます。

この記事でわかること

  • ポイント投資について
  • ポイント投資を行うためのコツ
  • ポイントはどの投資で使うべきか
目次

お金を使わなくても投資ができるポイント投資とは?

クレジットカードや通販の買い物で貯めることができるポイント、人気なものでは楽天ポイント、Tポイント、dポイントなどがあります。

これらのポイントはお金のように買い物に使うこともできるため、意識をして1つの会社をしっかりと貯めている人もいるでしょう。

先程もお伝えしましたが、この各社のポイントを株式投資に使うこともできるのです。

このポイント投資には2種類あります。

一つ目は、各社でポイントを現金のように使い投資を行う「ポイント投資」。

二つ目は、ポイントを運用することでポイントを増やせる「ポイント運用」。

今回は現金のようにポイントを使った、ポイント投資について紹介していきます。

各会社で貯めることができるポイントを投資に使える

支払いで貯めることができる各社のポイントは、楽天ポイントなら楽天証券、TポイントならSBIネオモバイル証券、dポイントならSMBC日興証券などで投資に利用することができます。

ポイント投資は1ポイント=1円で投資に使うことができ、実質お金を使わなくてもポイントが溜まっていれば投資を行うことが可能です。

さらにポイント投資はポイントアッププログラムの対象となるので、楽天ポイントであれば他の楽天サービスの利用で、ポイントが溜まりやすくなります。

他にも個別の銘柄に投資ができるだけではなく、投資信託やETFへの投資も行うことができるため、ポイント投資における利用方法は幅広く用意されているのです。

ポイント投資は失敗してもお金を失うことは無いので、投資未経験者でも気軽に始めることができます。

賢くポイント投資を行うためのコツを紹介

支払いで貯めることができるポイントは、株式投資に使えることを紹介してきました。

しかしポイントを貯めてはいるけどあまり溜まっていない人や、意識をして貯めたことが無いという人もいるでしょう。

ポイント投資を始めるのであれば、投資の資金となるポイントが溜まっていなければ話になりません。

そこでここからは、ポイント投資をはじめるために効率の良いポイントの貯め方や投資を行う際のコツを紹介します。

貯める会社のポイントは1つにまとめてしまおう

ポイントは、基本的に買い物や支払いで利用した金額に対して会社から付与されます。

クレジットカードの利用でポイントを貯めている人は、状況に応じてクレジットカードを使い分けるよりも、1つのクレジットカードにまとめた方が賢くポイントを貯めることができます。

例えば、普段の買い物はdカードを使い、インターネットのショッピングでは楽天カードを使っているという人は、全ての買い物をdカードもしくは楽天カードにまとめてしまいましょう。

分散されていたカードの支払いが1つにまとまることで効率よくポイントを貯めることができます。

他にも、各社で関連サービスの利用によって、ポイント倍率を上げることも可能です。

楽天ポイントであれば、楽天市場や楽天銀行の利用で支払い金額に対するポイント倍率が上がり、dポイントであればドコモを利用することで倍率を上げることができます。

徹底的に1つのポイントを貯めることに集中すれば、無理に高い買い物をしなくても普段の支払いを積み重ねていくだけで、投資をはじめられるだけのポイントを貯めることもできるでしょう。

現在、複数のクレジットカードやネットショッピングを使っている方は、利用先をポイントで一元化してみると、ポイントを貯めやすくなり支払い状況も確認しやすくなるのでおすすめです。

投資信託に投資をするよりも個別株への投資を選ぼう

貯めたポイントは基本的に投資信託などに投資をするよりも、個別株から投資先を見つけて投資をする方がお得です。

投資初心者の場合だと、初めての投資なので運用が任せられる投資信託を選ぶ傾向にありますが、投資信託は手数料が高く利益も少ないため、気づけば手数料との差額で利益が全くでないという事があります。

そもそも普通の投資に比べて資金が少なめになりやすいポイント投資の場合は、個別株への投資を集中させた方が良いのです。

個別株で上手く上昇を狙える銘柄を見つけることができれば、株価が2倍や3倍の上昇を見込むことができ、しっかりと利益を得ることができます。

さらにポイント投資で上手く利益を出せるようになれば、現金を使った普通の投資も同時に行うことで、更なる利益を期待することもできるのです。

そのため、ポイント投資は初心者が株式投資をはじめるきっかけや、利益を出すための練習という観点からも最適な投資と言えるのです。

もしポイント投資をはじめる際には、しっかりと効率よくポイントを貯めつつ、株価の上昇が狙える株を探してはじめてみましょう。

ちなみに投資信託に関しては「【特集記事】意外と知らない投資信託のホント①:「投信は初心者向け」は嘘?」でも解説をしているのでよければ参考にしてみてください。

まとめ

  • 支払いで貯めたポイントは株式投資に使える
  • 1つのポイントを集中的に貯めて投資に利用する
  • ポイントは個別株に投資をしよう

いかがでしたでしょうか。

ポイントを現金代わりに使うだけではなくさらにお金として増やしていきたいと考える人は、株式投資で使ってみてはいかがでしょうか。

ポイント投資は、実際にはお金を使うわけでは無い点が、投資未経験者でも気軽に株式投資をはじめることができると思います。

いくら気軽に始められると言っても、株式投資をはじめる前には株の勉強もきちんとしておくことをおすすめします。

株式投資は決して株を買うだけで利益が出る投資ではなく、正しい知識と技術を持って投資をしていくことで利益を得られるのです。

ちなみに当サイトでは、初心者向けに株式投資の知識や技術を様々紹介しているので、ポイント投資をはじめようと思った人はぜひ、他の記事にも目を通してみてください。

ポイント投資については【特集記事】キャッシュレス⑤ポイント投資って何?長期的に資産を形成する方法とはでも詳しく説明しております。

もう損しない!
企業の業績やニュースに惑わされない
相場師朗(あいばしろう)
株塾無料レッスン
mv

株トレードにおけるエントリーやエグジット、銘柄の選定方法などに悩んでいませんか?
本レッスンは、プロトレーダー相場先生による

  • なぜ、企業の業績やニュースをチェックせず利益を上げられるのか
  • 継続的に利益を上げるために必要なこととは
  • 現在3,500 名以上が通う 『 株塾 』 とはどんなところなのか

など、株トレードをする上で押さえておくべきポイントを、毎日メールにてお届けしている無料のレッスンです。
ぜひ、あなたの今後の株トレードにもお役立てください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事の監修者

監修者プロフィール

トレード歴40年の株職人。“株匠” を目指している。
20歳で株の売買を始めてから20年間、
「日本郵船」1銘柄のみの「売り」「買い」に集中、大きな利益を重ねる。
その後、宮本武蔵が洞窟に籠もるかの如く、チャートと建玉の研究に没頭する。

現在も、チャートと建玉の操作のトレード手法をさらに極めるべく精進を重ねており、
日本株、米国株、イタリア指数、イギリス指数、ユーロ指数、金、原油、コーン、FXなど、
どの市場でも大きな利益を生み出している。

ラジオNIKKEI「相場師朗の株は技術だ!」でキャスターを務める。
東京証券取引所北浜投資塾講師、日本経済新聞社お金の学校講師。

この記事を書いた人

著者プロフィール
根本 卓(株塾・インテク運営責任者)
1年間勉強・練習後に2013年から株式投資を運用資金30万円から開始。

地道に続け、7年後に月500万円の利益を出せるように。

その経験を活かし、株塾サービスに反映・インテク記事を書いています。

目次