ボラティリティとは? 株初心者にもわかりやすく解説します

こんにちは、インテク事務局です。

ニュースや株式相場の解説などを見ていると「ボラティリティが高い(低い)」という言葉が出てきたことはありませんか?

このボラティリティ(Volatility)の活用方法が分かれば、売買に適している銘柄かどうかのを判別しやすくなります。

では、ボラリティとはいったい何でしょうか?

そこで今回は、ボラティリティの意味と活用方法、注意点についてご説明します。

この記事でわかること

  • ボラティリティの意味
  • ボラティリティを株式投資にどう活かすか
  • ボラティリティを見るときの注意点

ボラティリティとは?

ボラティリティとは、簡単に言うと株価の値動きの幅(大きさ)を表しています。

基本的にはパーセントで表し、値動きの幅が大きいほどボラティリティは高く、値動きの幅が小さいほどボラティリティは低いです。

図で表すと、さらに分かりやすくなります。

(図1 パンローリングのチャートギャラリーにて作成)

図のローソク足の部分を見ていただけると分かる通り、株価の変動が少ないローソク足の部分では変動幅が小さいため、ボラティリティが低くなっています。

右側の赤枠のローソク足を見ていただくと、株価の変動幅が大きいので、ボラティリティも高い状況です。

ボラティリティの計算式

ボラティリティは以下の計算式で求めることができます。

当日のボラティリティ(%)=当日のTR(※①)/当日のTP(※②)×100

 

※①TR(トゥルー・レンジ)

TRは次の3つのうち値が最大のものを適用します。

・当日の高値-当日の安値
・当日の高値-前日の終値
・前日の終値-当日の安値

 

②TP(ティピカル・プライス)

TPは高値、安値、終値の3つの平均値です。

ボラティリティは、5%以上であればその日のボラティリティは高いと判断します。

ある事象で株価が急騰したりすると、ボラティリティは10%以上に上昇することもあります。

ボラティリティを活かして銘柄を選ぼう

ここまでで、ボラティリティの意味や導出方法については理解できたと思います。

ここからは、ボラティリティの高い・低いという状況を把握した上で、どのように銘柄選びに使われているかを見ていきましょう。

・短期トレードの判断材料になる

ボラティリティが高いと、

・「デイトレード(1日のうちに売買を行う)」
・「スキャルピング(数秒で売買を行い、それを1日に何回も繰り返す超短期売買)」

などの短期トレードを行うトレーダーにとって有利に働きます。

というのも、これらの短期トレードの場合、売買する株の値動きの変動幅が激しくないと短期間で利益を上げることが難しくなるからです。

つまり、短期トレードを中心に行っているトレーダーはボラティリティの高い銘柄を選ぶ必要があります。

その際、〇%以上と決めておくといいでしょう。

・投資配分を決める際の材料になる

ボラティリティが高いと、予想通りに株価が動き儲かることができた際にはその分利益が大きくなりますが、もし予想に反して株価が動くと大きな損失を招くことに繋がります。

例えば、あらかじめ決めている投資金額の100万円全額を、ボラティリティが高い銘柄1つだけに投じていたらどうなるでしょうか。

もしその株価が2倍になれば投資金額は2倍になりますが、業績が悪化して半値になれば投資金額は半分になってしまいます。

つまり、ボラティリティが高い株はハイリスク・ハイリターンであると言えます。

エントリーするタイミングを間違えてしまうと、大きな損失を被る可能性もあるでしょう。

そうした状況にならないためには、株価チャートを分析して根拠を持ったエントリーができるようになることが大事です。

株初心者の方が失敗しないためのポイントは株初心者が失敗しないために必要な3つのポイントの中で解説しているので、合わせてご覧ください。

ボラティリティを参考にするときの注意点

ボラティリティをうまく活用すると、効率よく利益を出せたり損失を最小限にしたりすることが可能ですが、いくつか注意点があります。

ボラティリティを活かす上で、特徴や注意点を知っておくことが大切です。

ボラティリティだけでは株価の方向が判断できない

ボラティリティの数値を見ただけでは、その銘柄の株価の方向を判断することはできません。

あくまでも値動きの変動幅が分かるということなので、注意が必要です。

実際に売買をする際は、ボラティリティを活かすと同時にテクニカル指標を用いて、銘柄を分析する必要があります。

株価が低い銘柄はボラティリティが高くなる

株価が100円以下であるなど安い銘柄の場合は、値動きの変動幅が小さくてもボラティリティが高くなります。

例を見てみましょう。

①TR=5円、TP=100円の場合

ボラティリティは 5/100×100=5%

②TR=5円、TP=1000円の場合

ボラティリティは 5/1000×100=0.5%

2つの銘柄でボラティリティを求めてみました。

どちらもTR(3つのうち最大であった値動きの変動幅)は5円ですが、ボラティリティは大きく違っています。

それはTP(高値、安値、終値の3つの平均値。つまりおおよその株価)の違いによるものです。

つまり、どちらも株価の変動幅が5円で同じような価格変動をした銘柄のように思えますが、株価に対しての変動幅のパーセンテージは全く違います。

つまり株価が5円の変動をするということは、①のように株価が100円前後の安い銘柄にとっては大きな変動(5%のボラティリティ)であり、実は②のように株価が1000円前後である②の銘柄にとってはたいして大きくない変動(0.5%のボラティリティ)ということです。

このように、同じ値動きの変動幅であっても株価が安い銘柄だとボラティリティが高くなるので、知らず知らずのうちにリスクを許容している場合があります。

特に株式投資初心者の方は、大金を投資するのに抵抗があり安い銘柄をチェックしがちかと思いますが、その際はボラティリティをしっかり考慮して売買するようにしましょう。

まとめ

  • ボラティリティとは株価の変動幅を表していると同時に、リスクを示している
  • ボラリティだけにとらわれずに、チャートを分析することが大事
  • 株価が安い銘柄はボラティリティが高くなりやすい

ボラティリティとは株価の変動幅をパーセンテージで表したものです。

ボラティリティをうまく使いこなせば、銘柄選びの助けになることがわかります。

ただ、ボラティリティだけでは無く、他のテクニカル指標も用いて株価の方向性はしっかり見極めていく必要があります。

テクニカル分析については、当サイトを監修している「相場師朗(あいばしろう)」先生の技法【相場師朗直伝「株の技術」】を参考にしてみてください。

もう損しない!
企業の業績やニュースに惑わされない
相場師朗(あいばしろう)
株塾無料レッスン
mv

株トレードにおけるエントリーやエグジット、銘柄の選定方法などに悩んでいませんか?
本レッスンは、プロトレーダー相場先生による

  • なぜ、企業の業績やニュースをチェックせず利益を上げられるのか
  • 継続的に利益を上げるために必要なこととは
  • 現在3,500 名以上が通う 『 株塾 』 とはどんなところなのか

など、株トレードをする上で押さえておくべきポイントを、毎日メールにてお届けしている無料のレッスンです。
ぜひ、あなたの今後の株トレードにもお役立てください。

インテク監修 株式投資歴36年以上のプロトレーダー 相場師朗の最新情報をお届け!

合わせて読みたい

相場格言「行き過ぎもまた相場」とは?

こんにちは、インテク事務局です。 相場格言「行き過ぎもまた相場」をご存知で

open & close