「低位株(ていいかぶ)」とは何か?小額投資で儲ける方法を解説!

こんにちは、インテク事務局です。

株式投資では売買される単位が100株となっている銘柄が多いので、投資金額はある程度の金額が必要になります。

しかし株式投資には様々なスタンスがあり、少額投資による投資法もその一つです。

少額投資であればを、1株の価格が安い「低位株(ていいかぶ)」で始めることもオススメできます。

「低位株」とは、他の銘柄に比べると株価が低い銘柄のことを指します。

そこで今回は、少額投資から投資を始めたい人のために、低位株の特徴をはじめ、低位株のメリットとデメリットについて解説します。

この記事でわかること

  • 低位株とは何か
  • 低位株の特徴
  • 低位株は初心者におすすめなのか
目次

低位株とは1株の値段が安い株

「低位株」に明確な基準や定義はありませんが、一般的に低位株とは1株300円から500円程度の価格で推移している銘柄のことを指します。

大手企業の株価は、1株1万円台から10万円であることが多く、浮動株比率(浮動株=市場に広く流通している株)が高い銘柄がほとんどです。少額投資を始めたい人とって、大型株は購入が難しいといえるでしょう。

それに対して低位株は、1株数百円程度円です。

最低単元数100株(=株の最低購入数)であっても、数万円で購入できます。

しかし、低位株は浮動株比率が低い銘柄が多いという特徴があります。

※「浮動株」については「浮動株」は多いのと少ないのどっちがいいの? 株初心者の方にもわかりやすく解説しますにて解説しています。

 

低位株で投資を行う場合のメリット

低位株で投資を行うメリットとしては、少額の資金からでも投資することができるため、気軽にトレードをおこないやすいという点があります。

株トレード初心者の方であれば、いきなり大きな金額を投入することに不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。

その際、低位株であれば投資金額が少額になるため、お試し感覚でトレードができる点がメリットと言えます。

ただし、低位株にはデメリットも多いので、しっかりとデメリットについても把握しておくことが大切です。

低位株で投資を行う場合のデメリット

低位株は少額投資でも購入しやすいものの、本格的に株式投資を始める上でリスクもあります。

ここからは、低位株のデメリットを見ていきましょう。

業績が良くない株もあるため、値上がり銘柄を見つけにくい

低位株が低価格なのは理由があります。

業績が良いのに株価が安い銘柄の場合は、単純に注目されていない訳ですから、成長株として値上がりが期待できるかもしれません。

しかし、低い業績で推移していた場合は、赤字経営になっている可能性があり、購入後に暴落するリスクがあります。

また、低位株は数が多いだけでなく、企業に関する情報が少ないケースも多く、成長株を探そうと思っても手間や時間がかかってしまうことが多いものです。

値動きが激しく急落などのリスクが発生しやすい

低位株は出来高が少ないだけでなく、ギャンブル要素の強い投機目的で取引されていることがあります。

そのため、理由なく突然急騰・急落する可能性があるといえます。

出来高が少ないということは、「仕手筋」と呼ばれる投資家グループに株価を操作されてしまう危険性を秘めています。

仕手筋は、潤沢な資金と巧妙な手口によって株価を意図的高騰させたりすることで、初心者トレーダーを便乗させ、高値で売り抜き利益を得るという手法が取られることがあります。

初心者がこうした「仕手株」を見抜くのは至難の業です。

出来高が多く安定している銘柄であれば、急な株価急騰・急落などのリスクが起こる可能性が低いため、安定したトレードをすることができるでしょう。

上場廃止リスクがある低位株の中には業績不振の企業も存在しており、上場廃止リスクと隣り合わせの銘柄も含まれています。

「安いものには理由がある」とは良く言いますが、低位株だからと安易に購入してしまうと、価値がゼロになってしまうリスクがあることも忘れないでおきましょう。

※「仕手株」については危険!仕手株とは? 見つけ方や仕手筋による手口や特徴を紹介しますにて解説しています。

低位株は初心者におすすめなのか

ここまで、低位株のメリットとデメリットについて見てきましたが、結論としては、低位株は初心者にはおすすめできません。

リスクを伴うデメリットの方が大きく、初心者が利益を上げるにはギャンブル的要素が強いためです。

初心者の方におすすめの銘柄については、「初心者におすすめの株の買い方とは?3つの基本ポイントを押さえよう」の記事をご覧ください。

まとめ

  • 低位株は安定運用には向かない
  • 低位株は値動きが激しく、株価急落などのリスクが発生しやすい

少額投資自体は、初心者の株式投資の練習として使えるというメリットがあります。

しかし、本格的な株式投資を始めるなら、低位株の購入・保有はあまりおすすめできません。

低位株の中には、将来的に成長株になる株もあるかもしれませんが、値動きが激しく、本来的な意味における成長株との見分けがつきにくいといえます。

株式投資の勉強法については【株式投資の勉強方法】失敗しないための「正しい」やり方とは?をご覧いただくのがおススメです!

もう損しない!
企業の業績やニュースに惑わされない
相場師朗(あいばしろう)
株塾無料レッスン
mv

株トレードにおけるエントリーやエグジット、銘柄の選定方法などに悩んでいませんか?
本レッスンは、プロトレーダー相場先生による

  • なぜ、企業の業績やニュースをチェックせず利益を上げられるのか
  • 継続的に利益を上げるために必要なこととは
  • 現在3,500 名以上が通う 『 株塾 』 とはどんなところなのか

など、株トレードをする上で押さえておくべきポイントを、毎日メールにてお届けしている無料のレッスンです。
ぜひ、あなたの今後の株トレードにもお役立てください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

投資歴35年のプロトレーダー 相場師朗先生が
最新の株技術や株式投資が初心者の方に向けて
役立つ情報などをお届けします!

目次
閉じる