フルレバトレードって何?副業で株式投資をやる際にフルレバで気をつけること

こんにちは、インテク事務局です。

皆さんはフルレバという言葉を聞いたことはあるでしょうか?

フルレバとは「フルでレバレッジを掛けている」ことであり、最大倍率での信用取引を指します。

このフルレバでのトレード、上手くいけばかなりのリターンを得ることができますが、失敗をすると致命的なリスクとなりすよね。

そのため、初心者の方で特に副業で投資を行っている人は気を付けなければなりません。

なぜなら株のトレードで失敗をしてしまうと、本業である仕事にも悪影響を与える恐れがあるためです。

そこで今回は、初心者の副業投資家がフルレバトレードを避けるべき理由を丁寧に紹介していきます。

この記事でわかること

  • フルレバによるトレードについて
  • フルレバによるトレードはどのような影響があるのか
  • 副業投資家はどのようにレバレッジ(信用取引)を取扱っていくべきか

フルレバトレードを避けよう

冒頭でもお伝えしましたが、最大レバレッジを掛けた状態でトレードを行うことをフルレバレッジ、略してフルレバと呼びます。

株式投資の場合では、信用取引で最大である約3倍のレバレッジ(倍率)を掛けている状態のことを言います。

通常のトレード(現物取引)と比べてリスクが約3倍となる代わりにリターンも約3倍となるため、多くの利益を望む人にとっては魅力的なトレードです。

その反面、その魅力あるトレードが非常に大きなリスクを持っていることをご存知でしょうか。

ここからは初心者の副業投資家にとって、フルレバはどのようなリスクがあるのかを紹介していきます。

フルレバトレードは想像以上のプレッシャーを感じる

初心者がフルレバによるトレードを避けた方が良いのは、損失が発生した際に想像以上のプレッシャーを感じて上手く立ち回れないためです。

例えば、100万円の資金で現物のトレードを行った場合に10万円の含み損を抱えてしまったとします。

10万円という含み損を抱えてしまった時点で2つの選択肢が出てきます。

①損切りを行い10万円負ける
②トレンド(局面)が転換する可能性はあるのかを考えながら株を持ち続ける

しかし、それがフルレバによるトレードであった場合はどうでしょうか。

①含み損が約30万円近くとなり、局面が転換するのを待つ余裕もなく、含み損が増えることを恐れて損切り一択

つまり目に見える形で損失が大きくなってしまうので、精神的にも大きなダメージを抱えてしまう恐れがあるのです。

トレードに慣れている投資家であれば上手く立ち回れるかもしれません。

しかし、初心者の場合は損失を抱えるスピードが早く金額の大きさからプレッシャーを感じてしまい、上手く損切りを行えない状況に陥る可能性が非常に高いのです。

最悪の場合、本業にまで支障が出てしまう恐れがある

お伝えした通りフルレバトレードをしている間、初心者の方はプレッシャーとの戦いになるでしょう。

その影響はトレードの結果だけではなく、私生活や本業である仕事にも悪影響を与える恐れがあります。

例えば、フルレバによるトレードで30万円や50万円の含み損を抱えている状態となった場合、初心者にとっては大きすぎる金額の損失であるため仕事中もチャートが気になり常にスマホを見続ける状態となるかもしれません。

不安から夜眠れなかったりする可能性もあり、全てが悪循環に陥ってしまうかもしれないのです。

そして結果的に含み損によるプレッシャーに耐えられず、仕事や私生活への影響も考え、冷静な判断ができないまま損切りをしてしまうかもしれません。

初心者や副業投資家が無理にフルレバによるトレードを行わない方が良い理由は伝わりましたでしょうか。

信用取引は時と場面を考えながら使うのがおすすめ

これまでは、初心者や副業投資家にとってフルレバによるトレードはおすすめできないと紹介をしてきました。

しかし、上手く場面を見極めて信用取引を行うことは可能です。

では実際に、初心者や副業投資家がどのように現物取引と信用取引を行っていけば良いのかを紹介していきます。

基本は現物取引を行い、複利を効果的に使う

初心者の方であれば、基本的には現物取引を行っていきましょう。

そこでしっかりとテクニカル分析や自分のトレードスタイルを確立しつつ、株の技術を磨くようにしてください。

副業で株式投資を行う場合には中長期的に利益を積み重ねていくことを意識しなければなりません。

どうしても多くの人は短期的な利益を求めてトレードを行ってしまいますが、副業で行う人の場合は時間などの制約もあるため少しずつでも良いので着実に利益を求めるべきです。

そのためには、少ない利益でも積み重ねていくことで将来的に大きな利益に化ける可能性がある複利運用を学んでおきましょう。

複利はトレードによって得た利益を再び投資することであり、雪だるま式に利益が上昇していくという特徴があります。

無理にレバレッジを掛けなくても複利運用を行うことでしっかり稼ぐこともできるのです。

ちなみに複利に関しては「複利運用で雪だるま式に資産が増える! 株式投資で利益を大幅に増やすには」で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

テクニカル分析など根拠のある結果から狙える時は信用取引を

フルレバによるトレードは避けましょうと紹介をしてきましたが、テクニカル分析で明らかな株価の上昇もしくは下落を予測できた場合、信用取引を使えば上手く利益を獲得することができます。

フルレバによるトレードはリスクが必ずついてくるので、許容できる範囲をあらかじめ決めておく必要があります。

損切りを活用し、必要以上の損失を抱えないようにしましょう。

特に副業投資家の方であれば日中チャートを確認できず、トレードを行えない方も多いでしょう。

その場合は、逆指値注文を活用することで機械的に損切りを行うことができます。

なんとなく簡単に出来そうな気がしてくるかもしれませんが、信用取引は決して簡単なトレードではありません。

当サイトでは株式投資のプロである相場師朗先生監修のもと、株の技術を学べる記事を様々配信しているので参考にしながら信用取引や損切りについて学んでみるようにしましょう。

損切り(ロスカット)の意味とは? 初心者の方にわかりやすく解説します

信用取引とは? リスクを抑えた上手な活用方法もご紹介

まとめ

  • フルレバは信用取引を最大倍率で行う状態
  • フルレバによるトレードはプレッシャーを感じやすくハイリスクとなりやすい
  • 副業投資家は勝てる場面のみ信用取引を使うべき

いかがでしたでしょうか。

まず初心者で副業投資家の方はフルレバによるトレードを避け、現物取引で株の技術を磨いていくようにしましょう。

副業投資家の場合は、時間の継続と共に着実に資金も増えていく投資を目指していくべきです。

もし、株式投資が本業に影響を当たえるようになっている時は、一旦トレードを止めてみるのも一つの手です。

本業あってこその副業なので、第一に優先すべきことを間違えないようにしましょう。

明日や一週間後等の目先の利益に囚われるのではなく、1年後や数年後に着実に資金が増やすことができるトレードを意識してみてください。

インテク監修 株式投資歴36年以上のプロトレーダー 相場師朗の最新情報をお届け!

合わせて読みたい

サラリーマンのお小遣いは平均いくら? お小遣いを増やす方法を解説

こんにちは、インテク事務局です。 「独身時代は支払いや生活費を除いたお金を

open & close