株式投資の専業トレーダーになるためにはどうすればいいのか

こんにちは、インテク事務局です。

株式投資をやっている人や興味を持った人の多くが、一度は専業トレーダーに憧れたことがあるのではないでしょうか。

専業トレーダーになれば仕事関係のストレスから解放され、収入においてはサラリーマンの数倍以上稼ぐことができ、一生では使いきれない十分な資産を築ける可能性もあります。

しかし、専業トレーダーになるためにはいくつかの条件があります。

今と同じ収入を専業トレーダーとして維持できるのか、もし世界的な不況が訪れたとしても稼ぎ続けることができるのかなどです。

誰もが憧れる専業トレーダーですが、その専業トレーダーとして稼ぎ続けることは意外と難しい現実があります。

はたして、本当に専業トレーダーになることはできるのでしょうか?

そこで今回は、専業トレーダーになることは可能なのか、また専業トレーダーになるにはどうすればいいのかを紹介します。

この記事でわかること

  • 株式投資の専業トレーダーについて
  • 専業トレーダーになる方法
  • 専業トレーダーになるための大切なこと

株式投資の専業トレーダーとは

株式投資の専業トレーダーとは、株式投資の収入のみで年間の生活費を稼いでいる人のことです。

一応専業トレーダーに明確な定義はありませんが、株式投資の収入がメインの収入源となっている人のことを指します。

そのため基本的には、株式投資のみの収入であったり、他に収入があったとしても微々たる収入である場合がほとんどです。

1日の時間としても株式投資に割く時間が多いという特徴もあります。

ただ、トレードや生活リズムなどは専業トレーダーによって様々あり、デイトレがメインの人は毎日マーケットに向かいトレードを行い、スイングトレーダーや長期トレードがメインの人は1日に1回チャートを確認したら、あとは自由に生活をしている人も存在するのです。

株式投資の専業トレーダーになる方法

株式投資の専業トレーダーになる方法、それはつまり株式投資で稼ぎ生活をしていく方法ということになります。

株式投資の専業トレーダーには資格も免許も何も必要ないため、株式投資で稼いで生活をしていれば一応は専業トレーダーとなることは可能です。

「そうなの?」と思う人もいるかもしれませんが、専業トレーダーの定義自体が株式投資による収入で生活をしている人となるので、株式投資で生活を賄うことができる収入を得られていれば専業トレーダーということになります。

ただ、専業トレーダーになること自体は簡単なのですが、専業トレーダーとして生活を続けていくことは難しいのです。

それは株式投資の収入がメインとなってしまうためです。

専業トレーダーとして生きていくことは難しいのが現実

専業トレーダーは株式投資による収入がメインとなるため、株式投資による利益が減るとその分収入が減ってしまいます。

つまり常に株式投資で稼がなければならないというプレッシャーが付きまとうのです。

サラリーマンなら、有給休暇を利用したり、病気で休んだとしても給料は必ず発生しますが、専業トレーダーは体調不良などでトレードをしなかった分だけ収入が発生しないこともあります。

さらに、株式投資は常に利益が発生するわけではなく、損失を出してしまうことがあります。

場合によっては、サラリーマンでは考えられない月収がマイナスとなってしまう場合があるのです。

もちろん専業トレーダーは国民健康保険料や年金を全て自分で支払わなければならないため、会社が折半して払ってくれているサラリーマンよりも多く税金を納めなければなりません。

このように自由に生きて楽そうに見える専業トレーダーですが、収入が安定していないことやサラリーマン以上に税金を支払わなければならないため、かなり稼げる専業トレーダーでなければ生き残ることが難しいのです。

専業トレーダーになるために、まずは兼業トレーダーになろう

専業トレーダーになること自体は簡単ですが、専業トレーダーとして稼ぎ続けることは難しいと紹介してきました。

だからと言って専業トレーダーになることを諦めた方がいいというわけではありません。

専業トレーダーになっても継続して稼ぐことができ、資産を築いた状態であれば問題ないのです。

そのため、専業トレーダーを目指すために、まずは兼業トレーダーとしてしっかりと利益を上げられるようになりましょう。

株で生活するための最短ルートとは? 効率的な方法をご紹介!の記事でも紹介しているように、兼業トレーダーとして稼げるよう状態になることで、仕事を辞めたとしても生きていける状態を目指すことがおすすめです。

兼業トレーダーとして安定的に稼げるようになる

専業トレーダーを目指すために、まずは兼業トレーダーとして安定的に稼げる状態を目指しましょう。

サラリーマンやOLなら毎月必ず給料として一定の収入があります。

その状態でまず株式投資で安定して稼げるようにならなければ、専業トレーダーとなったとしても稼ぎ続けることは難しいでしょう。

兼業トレーダーとして毎月の安定した給料がある状態なら、株式投資一本で稼がなければならないというプレッシャーも無く、株式投資で損失を出したとしても焦る必要がありません。

この状態でまずは毎月利益を出せるようになり、次に月収分を稼げるようになるという目標を立てていくのです。

もちろん、月収分稼げるようになったからと言って、それだけですぐに専業トレーダーになることはおすすめできません。

少なくても数十年は生きていけるだけの資産を持っておき、株主配当などで毎月生活費として必要なインカムゲインがある状態がベストとなります。

こうして兼業トレーダーとして十分稼げるようになり、数年間資産が増えない状況があったとしても生活に困らない資産がある状態になった時、専業トレーダーになるのか兼業トレーダーを続けるのかを考えることにより、無理なく専業トレーダーという選択肢を選ぶこともできるでしょう。

まずは兼業トレーダーとして株の技術を磨く

専業トレーダーを目指す道のりが分かったところ、兼業トレーダーとしてまずできることは安定した利益を狙うために株の技術を正しく学ぶことです。

株式投資のトレーダーとして必要な成果は、1度に大きな金額を稼ぐことよりも、毎月安定した金額を稼ぎ続けることの方が良い場合があります。

特に専業トレーダーとなった際には、毎月きちんと利益を出していくことが目標となるので、一度に大きな金額を狙ったハイリスクなトレードよりも、毎月安定して利益を出し資産を増やせる方が将来性があるのです。

投資は一度に大きな金額を稼がなくても、複利の効果で毎月運用していけば、長期的には大きな金額を稼ぐことも可能です。

複利効果については複利運用で雪だるま式に資産が増える! 株式投資で利益を大幅に増やすにはの記事でも解説しているように、株式投資において大幅に資金を増やせる可能性を秘めています。

そして毎月安定した利益を出すために必要なのが株の技術であり、兼業トレーダーとして技術を身に付けていくことが初めの一歩となるのです。

何よりも、正しい技術を身に付ければ株式市場が荒れている時でも利益を狙うことができ、時にはチャンスを待つことができます。

これは専業トレーダーとしては必要不可欠な技術でもあり、短期的に株式投資で生き残ることよりも、長期的に株式投資で稼ぎ続けるためでもあるのです。
そのためまずは、兼業トレーダーとして株の技術を磨いていきましょう。

まとめ

  • 株式投資の専業トレーダーになることは簡単だが、稼ぎ続けることは難しい
  • 兼業トレーダーとして稼げるようになったら専業トレーダーになるか検討しよう
  • まずは安定して利益を狙えるようになるために株の技術を磨こう

いかがでしたでしょうか。

サラリーマンやOLの多くが、専業トレーダーとして自由な生活を送る人生に憧れますが、簡単になれたとしても稼ぎ続けることが難しいのが現実です。

その難しさを一歩ずつ解決していくために、まずは兼業トレーダーとして安定して稼げるようになりましょう。

兼業トレーダーとして技術を磨き、安定して利益を出せるようになれば自然と専業トレーダーの道が見えてきます。

その時に、専業トレーダーの道を選ぶのか兼業トレーダーを続けるかの選択を行い、自分の生きたい人生を選ぶようにしてください。

簡単な道のりではありませんが、兼業トレーダーとして稼げるようになるだけでも見える世界は変わってくるので、まずはチャレンジをしてみましょう。

インテク監修 株式投資歴36年以上のプロトレーダー 相場師朗の最新情報をお届け!