そもそも株式って何?株式投資を始める前の基本の“キ”を解説します

こんにちは、インテク事務局です。

株式投資を始めようと思っている方は「株式って何?」と聞かれても、なかなか簡単に答えることはできないかもしれません。

ただし株式投資を始めるからには、株式に関する基本の“キ”を知っておかないと、知らず知らずのうちに損をしてしまったり、得られるはずのメリットが得られなかったりする可能性があります。

お金をかけて株式投資を行うからこそ、投資対象となる株式に関する知識は最低限身に付けておかなければなりません。

本記事では、株式の基礎知識を隈なく解説するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事でわかること

  • そもそも株式とは何か
  • 株主になるとどうなるのか
  • 株主になると企業から還元されるもの
  • 株式を売るとどうなるのか

そもそも株式って何?

株式は、企業が企業としてスタートするときや事業を成長させたいとき、新サービス・新商品の開発に挑むときなどに企業が発行する「企業オーナーの権利」です。

簡単にいうと、膨大に資金がかかり企業が今蓄えている資金や銀行からの融資では賄えないような行動をとるときに、資金をさまざまな人から調達(資金調達)するために発行します。

この株式の対価(株価×株数)を支払うと株主(企業オーナーの1人)となり、株主は企業に対して出資を行い、企業のスタートや事業成長、開発などにかかる資金のサポートをしていることになります。

企業の株式を買って株主になるとどうなる?

企業の株式を買って株主になると、企業オーナーの1人として権利の一部を持つことができます。

その権利は、その企業が発行する全株式のうち何%保有しているかが考慮され、保有している分だけ与えられるものです。

株主の権利として代表的なものには、大きく分けて以下の3つがあります。

  • 議決権
  • 利益配当請求権
  • 残余財産分配請求権

 

1つめの議決権とは、株主総会に参加して、賛否に関する票を入れることができる権利のことです。

日本企業の株式には「単元株」という株式を買える単位が定められており(多くの場合100株)、議決権は1単元株に対し1つ発生します。

株式を多く保有すればするほど、企業経営に強くかかわり意思決定を左右することが可能です。

2つめの利益配当請求権とは、企業があげた利益の分配として配当金を受け取る権利のことです。(配当金については以下で詳しくご説明します。)

3つめの残余財産分配請求権とは、企業が活動をやめて消滅(解散)する際、負債を返済しきったあとも財産が残っている場合に、持っている株式数に応じて残った財産の分配を受けられる権利のことです。

株式を買ってくれた株主に企業が還元するもの2つ

企業は、資金調達のために株式を発行します。

株主が株式を買って出資をしてくれるおかげで資金調達は成功し、さらなる企業のやりたいことに励むことができるのです。

多くの企業は、株式を買って出資してくれたお礼として、株主に「配当金」、「株主優待」の2つを還元しています。

それぞれどのようなものなのか、以下で1つずつ見ていきましょう。

配当金

配当金とは、企業があげた利益を分ける形で受け取るお金のことです。

株主が株式を買ってくれたおかげで事業がうまくいき利益をあげられたと考えると、株主には利益を分けてもらう権利があると思って良いでしょう。

配当金は、一般的には1年に1~2回株主に対して支払われることが多く、金額は企業によってさまざまです。

あくまでも利益を分けるという意味合いのあるお金なので、利益が前期より減少したり赤宇になってしまったりすると、配当金の支払いがストップもしくは減額されるおそれもあります。

株主優待

株主優待とは、株主へのお礼として企業が付与する、企業の製品や株主ならではの優待価格でのサービス、割引券などのことです。

配当金とは違って現金が分かりやすく入ってくるわけではありませんが、株主優待として得たものを価値に換算してみると、よりお得感を味わうことができます。

株主優待も1年に1~2回受け取れることが多く、企業の利益状況によっては優待内容が改悪、または廃止となってしまうこともあります。

株式を売るとどうなる?

このように、株式を持っている間は株主としての権利を得ることができ、企業によっては配当金・株主優待といった形で還元をしてくれることもあります。

もしこの株式を売ると、どうなるのでしょうか?

結論、株式を売ると、株主としての権利を放棄することになります。

つまり、これまで持っていた権利はもちろん、配当金・株主優待などの受け取りもなくなってしまいます。

ただし、このようなマイナスなことばかりではありません。

もし株式を買ったときの価格よりも、売るときの価格の方が高ければ(値上がりしていれば)、売却益(譲渡益)という利益を得られる可能性があります。

1株あたりの株式の価格である株価は、株式が取引される証券取引所での需要と供給のバランスによって決まります。

つまり、時々刻々と変動しているのです。

また、需要と供給のバランスだけではなく、企業が発行している株式数が変動したときも株価に影響を与えるので、知っておく必要があります。

株式を売るときは、株主としての権利がなくなるだけではなく、買ったときの株価と比べて売るときの価格がどうなっているのかで損益が大きく変わるので、注意してください。

まとめ

  • 株式とは、企業が資金調達のために発行する企業オーナー(株主)の権利のこと
  • 株式を買って株主になると、議決権・利益配当請求権・残余財産分配請求権などの権利を得られる
  • 株主は、出資をしたお礼として企業から配当金・株主優待を受け取れる
  • 株式の価格(株価)は時々刻々と変動しており、株式を売るときに買ったときよりも値上がりしていれば、売却益が得られる
  • 株式を売ると、株主の権利をすべて失う

本記事では、そもそも株式とは何かということについて解説しました。

いきなり株式投資を始めるのではなく、株式そのものについての知識を身に付けておくことで、より株式投資をすることや株主になることの意義が理解できるようになるでしょう。

株式を買って株主になると、企業オーナーの1人としてさまざまな権利を得ることができます。

とはいえ、時々刻々と変動する株式を保有しているというリスクも負うことになります。

株式投資を始める第1歩として、ぜひ覚えておいてくださいね。

インテク監修 株式投資歴36年以上のプロトレーダー 相場師朗の最新情報をお届け!

合わせて読みたい

株式の注文方法は?売買の流れや「成行注文」・「指値注文」について詳しく解説!

こんにちは、インテク事務局です。 売買したい銘柄が決定したら、いよいよ株式

open & close