クレジットカードの「キャッシング」や「リボ払い」って?カードローンとの違いは

「ローンとクレジットカードってどう違うの?」

「デパートで買い物したら『リボ払い』を勧められたんだけど、これってお得なの?」

「『カードローン』と『キャッシング』って何が違うの?」

ローンを利用したことがなくても、クレジットカードは持っているという人は多いのではないでしょうか。

では、クレジットカードに付帯しているサービス「キャッシング」を利用したことはありますか?

カードローンとキャッシングの違いを正確に説明できる人は少ないかもしれません。

今回は身近な存在であるクレジットカードについて詳しく解説します。

ローンって何?どんな種類があるの?ローンの基礎知識

目次

クレジットカードとローンの違い

クレジットカードは最も普及しているキャッシュレス決済の方法で、手持ちの現金がなくても買い物ができるカードのことです。

代金はクレジットカード会社から後で請求され、店頭やインターネットショッピングなどさまざまなシーンでの支払いに使えます。

クレジットカードで代金を支払うことは、クレジットカード会社に「お金を立て替えて」もらい、後から立て替えてもらったお金を返すということなのです。

クレジットカードとカードローンの違い

クレジットカードと混同されやすいのが「カードローン」です。

カードローンは金融機関やカード会社などの貸金業者が提供する、個人向け融資サービスで、ローン専用カードを使って借入や返済ができます。

カードローンは「借入専用」のサービスであるのに対し、クレジットカードは基本的に「お金を立て替える」ものであり、目的が根本的に異なります。

キャッシングとカードローンの違い

クレジットカードがカードローンと混同されやすい理由として、クレジットカードに「キャッシング」機能が付帯されていることが挙げられるでしょう。

キャッシングとは本来、現金を借りられるサービスの総称として使われる用語です。

このため広義では、カードローンもキャッシングのひとつということになります。

ただし一般的には、キャッシングはクレジットカードに付帯する「キャッシング」機能を指すことが多く、ローン専用カードで借り入れるサービスが「カードローン」と呼ばれることが多くなっています。

どちらも申込時に審査が必要な個人向け融資サービスであり、クレジットカードのキャッシング機能はカードローンと同じように利用できます。

なおクレジットカードのキャッシング機能の上限は20万円〜50万円程度に設定されていることが多く、一般的にカードローンの利用上限額より低めとなっています。

「サラ金」「ヤミ金」って何?真に資産を形成する方法とは

講座

リボ払いとローンの違い

クレジットカードには「リボ払い(リボルビング払い)」という支払方法があります。

欧米では一般的に利用されていますが、日本国内ではその仕組みを正しく理解している人は少ないかもしれません。

リボ払いとは何なのか、解説していきます。

リボ払いとは

リボ払いとは、あらかじめ設定した金額を、金利とともに毎月支払っていく支払方法です。

利用金額や件数に関わらず月々の支払いが一定になるため、お金の管理がしやすいというメリットがあります。

「分割払い」と混同されやすいですが、カード決済時に「返済回数」が決まる分割払いに対し、リボ払いは利用額に応じて月々の請求額が決まり、結果として返済回数が決まります。

リボ払いの最大のデメリットは、金利手数料がかかることです。

分割払いでも3回以上に支払回数を分けると金利手数料がかかりますが、1回払いまたは2回払いであれば金利手数料は発生しません。

リボ払いとカードローンの違い

クレジットカードのリボ払いとカードローンは、毎月決まった金額を返済していくという点は同じです。

しかしクレジットカードは加盟店でしか利用できないのに対し、カードローンはATMから現金を引き出すことができます。

またカードローンの金利は、クレジットカードのリボ払いの金利よりも低い傾向にあります。

このため金利を少しでも下げるために、クレジットカードのリボ払いからカードローンへ借り換えるケースも見受けられます。

講座

まとめ

多くの人が利用しているクレジットカードは、基本的にカード会社が「お金を立て替えてくれる」もので、ローンとは異なります。

ただしクレジットカードに付帯していることがある「キャッシング」機能は、お金を借りることができます。

またクレジットカードの「リボ払い」は、カード会社から利用を薦められることもありますが、一般的にカードローンよりも高い金利がかかるので注意が必要です。

持っていると便利なクレジットカードですが、キャッシングで借りすぎたり、リボ払いの金利手数料に悩まされるようなことがないよう、計画的に利用するようにしましょう。

ポイ活とは別?ポイント投資は投資未経験者にもおすすめできる!

もう損しない!
企業の業績やニュースに惑わされない
相場師朗(あいばしろう)
株塾無料レッスン
mv

株トレードにおけるエントリーやエグジット、銘柄の選定方法などに悩んでいませんか?
本レッスンは、プロトレーダー相場先生による

  • なぜ、企業の業績やニュースをチェックせず利益を上げられるのか
  • 継続的に利益を上げるために必要なこととは
  • 現在3,500 名以上が通う 『 株塾 』 とはどんなところなのか

など、株トレードをする上で押さえておくべきポイントを、毎日メールにてお届けしている無料のレッスンです。
ぜひ、あなたの今後の株トレードにもお役立てください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事の監修者

監修者プロフィール

トレード歴40年の株職人。“株匠” を目指している。
20歳で株の売買を始めてから20年間、
「日本郵船」1銘柄のみの「売り」「買い」に集中、大きな利益を重ねる。
その後、宮本武蔵が洞窟に籠もるかの如く、チャートと建玉の研究に没頭する。

現在も、チャートと建玉の操作のトレード手法をさらに極めるべく精進を重ねており、
日本株、米国株、イタリア指数、イギリス指数、ユーロ指数、金、原油、コーン、FXなど、
どの市場でも大きな利益を生み出している。

ラジオNIKKEI「相場師朗の株は技術だ!」でキャスターを務める。
東京証券取引所北浜投資塾講師、日本経済新聞社お金の学校講師。

この記事を書いた人

著者プロフィール
根本 卓(株塾・インテク運営責任者)
1年間勉強・練習後に2013年から株式投資を運用資金30万円から開始。

地道に続け、7年後に月500万円の利益を出せるように。

その経験を活かし、株塾サービスに反映・インテク記事を書いています。

目次