Youtubeで株の勉強はできる?メリットと注意点、おすすめ動画も紹介

「よくYoutubeで動画を見ているけれど、株の勉強もできたりするのかな?」

「Youtubeで株の解説動画を見かけるけれど、情報は信頼できるの?」

インターネットやスマートフォンが普及し、日常的にパソコンやスマートフォンで動画などのコンテンツを楽しんでいる人が増えています。

なかでも世界中の動画を気軽に楽しめるYoutubeは、幅広い世代のユーザーから支持を集めています。

株式投資に興味がある方は、Youtubeで株の勉強ができるのか、気になるかもしれません。

そこで今回はYoutubeで株の勉強をするメリットや注意点を解説します。

おすすめの動画も紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

目次

Youtubeとは

「Youtube」は現在では多くの人が利用していますが、「まだ利用したことがない」「どんんなサービスかよく分からない」という方もいらっしゃるかもしれません。

そこでまずは、今さら人には聞きにくい、「Youtubeとは何なのか」をざっくり確認しておきましょう。

Googleが運営する世界最大の動画共有サービス

Youtubeとは、Google社が運営する、世界最大の動画共有サービスです。

2005年にアメリカで、PayPalの元従業員3名が設立したのがはじまりです。

2006年にはGoogleによって買収され、現在はGoogleの子会社となっています。

動画の視聴やアップロード、共有が可能

Youtubeは、基本的に誰でも無料で利用することができ、簡単に始めることができます。

ユーザーは自由に動画を視聴したり、アップロードしたり、共有したりすることができます。

さらに動画を評価したり、コメントを投稿したり、他のユーザーをチャンネル登録したりすることもできます。

Youtubeとは、ただ単に動画を楽しむだけでなく、インターネット上で他のユーザーと情報交換するなど交流もできるソーシャルメディアでもあるのです。

難しい設定もなく、操作や画面構成などもシンプルなため、老若男女問わず利用しやすい点も、世界中で支持されている理由のひとつでしょう。

さらに誰でも動画をアップロードできるため、Youtubeには非常に幅広いジャンルの動画が存在しています。

音楽やスポーツ、エンターテイメント、料理、教育など、数えきれないほどのジャンルの動画が投稿されています。

Youtubeで勉強するメリット

動画サービスというと、遊びのイメージが強い方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし実は、最近では勉強に役立つYoutubeも多く存在します。

そのなかには株の勉強ができる動画もあるのです。

株式投資とは何かという基本から、株取引のテクニックや、実際のトレード画面まで、さまざまな解説動画が存在します。

特に実際に動いている株トレードの画面などは視覚的に理解しやすく、動画サービスと株の勉強は相性がいいといえるでしょう。

ここからはYoutubeで株の勉強をするメリットと注意点について見ていきましょう。

無料で勉強ができる

何かを勉強しようとするときに、スクールに通ったりテキストを買ったりするとお金がかかりますよね。

試しに買ってみたテキストが合わず、別のものを買い直して、さらにお金がかかってしまった、という経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

Youtubeなら基本的に無料で利用できるので、気軽に勉強を始めることができます。

さらにYoutubeは、より最新の情報にアクセスしやすいというメリットもあります。

なおYoutubeでは「Youtube Premium」という月額制有料サービスも提供されています。

この有料サービスを利用すると、広告が表示されなくなったり、動画をダウンロードしてオフライン環境でも動画を見たりすることができるようになります。

料金は2023年6月時点で「月額1,180円」となっており、1か月無料トライアルも利用可能となっています。

Youtubeでの勉強が気に入ったら、有料サービスに登録してさらに学びを深めても良いかもしれませんね。

動画形式で分かりやすい

勉強をするときに「教科書を読んでいるだけでは眠くなる」「文字が頭に入ってこない」という方も多いのではないでしょうか。

Youtubeなら動画形式なので、より視覚的に理解しやすく、知識がない状態からでも取り組みやすいでしょう。

10分~30分程度の動画が中心なので、空いている時間を活用して勉強できます。

人気がある動画の配信者は、多くの人に動画を見てもらえるよう、さまざまな工夫を凝らしています。

分かりやすい動画がたくさん存在しているので、自分に合った動画が見つかりやすいでしょう。

Youtubeで勉強する注意点

Youtubeでの勉強には多くのメリットがあることをご紹介しました。いっぽうで注意点もあります。

情報が正しいとは限らない

Youtubeの動画は誰でもアップロードできるため、参考にする動画の情報が必ずしも正しいとは限りません。

動画配信者の収益を増やすために視聴回数を稼ぐ目的で、刺激的な内容や偏った情報を強調するような動画も存在しています。

特に初心者は、実績のある企業の公式チャンネルなど、信頼性の高い動画を視聴するのが良いでしょう。

集中できない場合がある

カフェや図書館でテキストを使って勉強して集中できた、という経験はありませんか?

いっぽうYoutubeを利用している時は、他の動画をおすすめする画面が表示されるなど、気になって集中できないこともあるようです。

さらに無料版の場合は広告が表示されるため、せっかく集中していたのに広告のせいで気が散ってしまう、ということも少なくありません。

あらかじめ時間を決めて、他の動画は見ないように注意したり、有料サービスを利用して広告が出ないようにすることも検討してみると良いでしょう。

何となく勉強した気になる

動画を最後まで見ると、それだけで達成感を感じ、「よし、勉強したぞ!」という気分になりがちです。

分かりやすい動画を見ると、「分かった」ような気になり、動画を見ただけで満足してしまうこともあるでしょう。

しかししばらく時間がたつと「内容を忘れてしまった」、ということも少なくありません。

学んだことを実際に知識として活かすためには、実践につなげる必要があるでしょう。

まとめ

Youtubeは株の勉強にも最適な動画サービスです。

株の勉強におすすめな「AibaTV【相場師朗 株塾公式チャンネル】」は、相場師朗公式運営事務局が管理する、日本唯一の公式チャンネルです。

プロトレーダーの相場師朗が、日本中のすべての投資家に向けて、実践的な「株の技術」をお届けします。

ラジオNIKKEI第1で毎週火曜日18:00~18:30にお送りしている「相場師朗の株は技術だ!」は、「株職人」相場師朗の技術が学べる実践的なトレード番組です。

公式チャンネルでは、こちらの番組も視聴することができます。

また当サイトも監修する相場師朗先生が主催する「株塾」には、長期的に資産を構築するため、本気で株式投資に取り組む投資家が集っています。

アジア最大規模の投資塾として約3,500名の受講者が月2回の勉強会を通して相場師朗先生直伝の「株技術」を学んでいます。

株技術を習得することで、株価のチャートの形を見て判断するだけでトレードできるようになり、複雑な業績調査やニュースチェックに時間と手間を取られることもありません。

相場師朗先生の講義はオンライン動画でも配信されるため、好きなタイミングで学習が可能で、忙しくても無理なく続けることができるでしょう。

興味のある方は、ぜひ詳しくチェックしてみてくださいね。

もう損しない!
企業の業績やニュースに惑わされない
相場師朗(あいばしろう)
株塾無料レッスン
mv

株トレードにおけるエントリーやエグジット、銘柄の選定方法などに悩んでいませんか?
本レッスンは、プロトレーダー相場先生による

  • なぜ、企業の業績やニュースをチェックせず利益を上げられるのか
  • 継続的に利益を上げるために必要なこととは
  • 現在3,500 名以上が通う 『 株塾 』 とはどんなところなのか

など、株トレードをする上で押さえておくべきポイントを、毎日メールにてお届けしている無料のレッスンです。
ぜひ、あなたの今後の株トレードにもお役立てください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事の監修者

監修者プロフィール

トレード歴40年の株職人。“株匠” を目指している。
20歳で株の売買を始めてから20年間、
「日本郵船」1銘柄のみの「売り」「買い」に集中、大きな利益を重ねる。
その後、宮本武蔵が洞窟に籠もるかの如く、チャートと建玉の研究に没頭する。

現在も、チャートと建玉の操作のトレード手法をさらに極めるべく精進を重ねており、
日本株、米国株、イタリア指数、イギリス指数、ユーロ指数、金、原油、コーン、FXなど、
どの市場でも大きな利益を生み出している。

ラジオNIKKEI「相場師朗の株は技術だ!」でキャスターを務める。
東京証券取引所北浜投資塾講師、日本経済新聞社お金の学校講師。

この記事を書いた人

著者プロフィール
根本 卓(株塾・インテク運営責任者)
1年間勉強・練習後に2013年から株式投資を運用資金30万円から開始。

地道に続け、7年後に月500万円の利益を出せるように。

その経験を活かし、株塾サービスに反映・インテク記事を書いています。

目次