株価の暴落はなぜ起きる? 暴落理由と利益に替えるための方法とは

こんにちは、インテク事務局です。

コロナショックやリーマンショックに限らず、株式市場では過去に何度も「暴落」と呼ばれるような株価下落が起きてきました。

実際に日経平均のチャートを確認してみると、1年に1〜2回程度は大きな株価下落が起きていることがわかります。

つまり株式投資を行っている以上、暴落は避けて通れないということです。

ただ、暴落が起きることがいずれあり得ると考えながら株式投資を続けていれば、暴落に対してある程度の対策を取ることもできるでしょう。

そこで今回は、なぜ暴落が起きるのか、どのような視点で株式投資に取り組めば良いのかを紹介します。

この記事でわかること

  • 株式の暴落について
  • 暴落が発生する期間
  • 暴落に対してどのような視点で取り組めば良いのか

株価の暴落はなぜ起きる?

まず株価の暴落とは、株式投資における株価が急激かつ大幅に下落をすることを言います。

日本国内ではバブル崩壊やITバブル崩壊、リーマンショックや最近ではコロナショックと言った経済に大打撃を与える出来事も影響して、株価は暴落してきました。

株価の暴落が起きると、買い玉を保有していた投資達は大きな損失を抱える結果となり、人によっては資産の大半を失ってしまう結果になるのです。

では、株価の暴落はなぜ起きるのでしょうか?

コロナショックのように世界経済に曇りが見え、株が売られるから

株価の暴落については明確な定義などは無いのですが、基本的には急激な株の売りが発生することにあります。

例えば今回発生したコロナショックであれば、全世界で続発的にロックダウン(都市封鎖)が起き、人々が家で自粛を行う事によって経済が回らなくなり悪化していくことを予測して、多くの投資家が株を売ることで暴落が発生するのです。

もちろん、暴落が発生している最中もチャートを確認している投資家が、急激な売り注文の増加によって株価が下落していることに対して不安を抱き、つられて売りが続発していくことも関係しています。

他にも最近では、アルゴリズムによる取引を導入した結果、マーケットが世界情勢に反応しすぎて売りが加速する場合もあるのです。

様々な要因が重なって発生する暴落ですが単純に見なおしてみると、経済の先行きに曇りが見えはじめ、株価の下落が予測される結果、売り注文が増えることで発生しているのです。

個別株だと企業の業績悪化や不祥事などで起こることも

ちなみに株式暴落はコロナショックやバブル崩壊のような、日経平均全体が下がるものだけではなく、個別の株でも発生しているのです。

よくあるのが、企業の業績悪化によるものや、企業の商品に欠陥や品質偽装があったり、生産活動の段階で環境汚染などが発覚した場合に、個別株でも暴落が発生します。

日経平均などが暴落した際には、過去の暴落でもバブル崩壊により30,000円前後だったものが15,000円前後まで下落したものが最高ですが、個別の株だと過去に4,000円を記録していたものが300円台まで下落をしたり上場廃止になり株価の価値が0になるものまであるのです。

そのため株価の暴落は世界的な経済へのダメージだけではなく、個別の企業でも発生する可能性があるということになります。

以外にも株価の暴落は1~2年の中でも起きている

株価の暴落と聞くと多くの人が、ITバブル崩壊やリーマンショックなどをイメージし、10年おきくらいに発生していると思うかもしれません。

しかし、実は過去の株価チャートを確認してみると、株価の暴落は1~2年の間に何回か発生していることがわかります。

日経平均だけではなく個別の株も同様です。

そのため、株式投資を行う上で暴落は避けて通れない道であるということが分かります。

このような株価暴落は、「できることなら避けて通りたい」と考えるのが一般的な考え方と言われています。

しかし、株価暴落はトレーダーにとって必ずしもマイナスに働くわけではありません。

そこでここからは、暴落に対してどのような視点で投資に取り組めば良いのかを紹介していきます。

暴落は、ファンダメンタルズ要因では予測が難しい

暴落を回避するためには、暴落の原因となる情報を手に入れれば良いと考えるかもしれませんが、それは難しいでしょう。

情報を手に入れた時にはすでに株価は下落している場合がほとんどですし、一般のトレーダーが情報を手に入れている段階では、情報は過去のものとなり株価に反映されてしまっているためです。

特に個別の株に関しては、企業が情報を発信する段階では、ほとんどその情報は株価に織り込まれていると言われています。

つまり株価の暴落を予測するための情報を手に入れることは難しく、手に入れたとしてもすでに株価に反映されてしまっている場合が多いのです。

2020年2月末に起きた暴落も、新型コロナウイルスに起因するものと考えられていますが、暴落が始まるのを事前に予測するのはファンダメンタルズ分析では難しかったのではないでしょうか?

そのため株価の暴落を予測するためには、ファンダメンタルズ以外の要因を紐解く必要があるのです。

ファンダメンタルズ要因ではなくテクニカル分析で予測する

では株価の暴落に対してトレーダーは諦めるしかないのか、というと決してそのようなことはありません。

株価暴落の予測を立てるには、テクニカル分析によって株価の動きを捉え、対策をしていくことが大切になります。

テクニカル分析は株価チャートの分析を行うことで、暴落の前兆を事前に察知することが可能です。

当サイトの監修者である株歴38年以上のプロトレーダーである「相場師朗(あいばしろう)」先生は、実際に株価暴落が始まる前からご出演されているラジオ(ラジオNIKKEI 相場師朗の株は技術だ!)や先生ご自身が主催される『株塾』などでも、「そろそろ暴落が始まる」ということをしきりにおっしゃっていました。

それは決して予知能力などではなく、株価チャートをもとにした分析の精度が高いからこそ、事前に感じとることができるものです。

テクニカル分析を通じて株の技術を磨いていくと、株価の上昇ペースが落ち始めたり、レンジを形成しはじめたりと、普通にチャートを眺めているだけでは見えないものが見えるようになります。

テクニカル分析はただチャートを見れるようになればいいということではありません。

きちんと下落をしていくサインを見つけることが重要であり、それが分かるようになるためには株の技術を磨いていかなければならないのです。

ファンダメンタルズ分析だと情報はすでに株価に織り込まれている可能性が高く、情報を手に入れた段階では遅いかもしれないのです。

しかしテクニカル分析であれば、織り込まれている情報もチャートごと読み取ることができるので、暴落の前兆を捉え対策をしていくことができます。

暴落の前兆をとらえることができれば、空売りで大きく利益を狙うこともできます。

そのため普段から、正しい株の技術を磨いておくことが大切になるのです。

まとめ

  • 株式の暴落は急激な売り注文の増加によって発生する
  • 暴落は1~2年の間でも発生している
  • 暴落の前兆を捉えるためにはテクニカル分析が有効

いかがでしたでしょうか。

株式投資をする上で、暴落を避けることはできません。

しかし、テクニカル分析を使い正しくチャートを見ることができれば、暴落を回避したり、暴落のチャンスを掴むこともできます。

そして株式投資は暴落だけがチャンスではありません。

暴落後には、再び株価の上昇を期待することもできるため、その後の取引も重要になってくるのです。

もちろん単に株を買えば良いというわけでは無く、暴落後の二番底を確認したり、上昇が確認できるまで待ち、適切なタイミングで買うことが必要になります。

そのためにも普段から株式投資についての正しい技術を身に付けるようにしておきましょう。

株式投資の技術については、当サイトの記事でお伝えしているので、ぜひ他の記事も参考にしてみてください

相場先生の株技術に関連する記事はこちらから

インテク監修 株式投資歴36年以上のプロトレーダー 相場師朗の最新情報をお届け!

合わせて読みたい

退職金の運用ってどうすればいいの? 有効活用する手段をご紹介

こんにちは、インテク事務局です。 企業勤めで定年を迎えた場合、多くの方は退

open & close