【経済指標①】GDPとGNPはどう違う?経済指標のキホン

こんにちは、インテク事務局です。

今回の特集記事では、全5回にわたって「経済指標」について解説します。

【経済指標①】GDPとGNPはどう違う?経済指標のキホン

【経済指標②】CIとDIって何?景気動向指数とは

【経済指標③】労働力調査って何?雇用の経済指標とは

【経済指標④】消費者物価指数(CPI)って何?物価の経済指標とは

【経済指標⑤】日本の貿易は赤字?黒字?海外取引の経済指標とは

 

目次

経済指標とは

経済指標とは、世の中のお金や財産の動きを表すもので、各省庁や内閣府、日本銀行などの公的機関が公表しているデータの総称です。

経済は、景気や生産、消費、所得、輸出、投資など、さまざまな要素が密接につながっています。

そしてそれぞれの経済の流れには、その動向を表す経済指標があります。

経済全体の動向を把握するためには、経済指標を正しく理解することが欠かせないのです。

経済指標は、新聞の経済面のほか、省庁のホームページやニュースサイト、投資情報誌などさまざまな媒体でチェックすることができます。

 

GDPとは

経済指標は、国内外にさまざまなものが数多く存在します。

なかでも最も有名なのが、4半期に一度公表されるGDP(Gross Domestic Product:国内総生産)です。

GDPとは、一定期間に国内で新たに生み出されたモノやサービスの付加価値を示すものです。

GDPは、個人消費、住宅投資、設備投資、在庫投資、政府消費、公共投資、公的在庫、輸出を合計したものから、輸入を差し引いて計算されます。

輸入されるモノやサービスは、国内で生み出されたのではなく、海外の企業が生み出した付加価値であるため、輸入は差し引かれるのです。

またGDPには、日本企業が国内で生産した付加価値も含まれません。

GDPが前年同期や前期と比較してどのくらい増減したのかを示す「伸び率」は「経済成長率」とも呼ばれ、国内の景気変動や経済成長を推定できるとして高く注目されます。

また、国の経済規模を比較する際にもよく使われます。

IMF(世界通貨基金)が発表した最新の2021年GDP世界ランキングによれば、トップはアメリカとなっています。

2位の中国に続いて日本が3位となっており、4位ドイツ、5位イギリス、6位インド、7位フランス、8位イタリア、9位カナダ、10位韓国と続きます。

日本は長らくアメリカに次ぐ2位の座を維持していましたが、2010年に中国に追い抜かれて以降、3位の状態が続いています。

なおGDPの額を見てみるとアメリカと中国が突出しており、この2か国だけで世界のGDPの4割近くを占めています。

このようにGDPのデータを見ることで、世界の経済的な構図をざっくり把握することができるのです。

GNPとGNI

しばしばGDPと混同される経済指標として「GNP(Gross National Product:国民総生産)」が挙げられます。

GNPは国の内外を問わず、一定期間にある国民によって新しく生産されたモノやサービスの付加価値を示すものです。

国内に限らず日本企業の海外支店等の所得も含む点がGDPと異なりますが、日本ではGDPとGNPの数値にそれほど大きな差はありません。

かつてはGNPは国の経済規模を比較するためによく使われていましたが、経済のグローバル化が進むに伴い、代表的な指標としてGDPが使われるようになったのです。

なお国際連合が1993年に勧告した新たな国民経済計算の体系「1993SNA」の導入により、GNPという概念はなくなりました。

現在は同様の概念として、「GNI(Gross National Income:国民総所得)」が新たに導入されています。

まとめ

今回はまず経済指標は何か、そして最も代表的な経済指標である「GDP」について解説しました。

GDPは一定期間に国内で新たに生み出されたモノやサービスの付加価値を示し、国の経済規模を比較する際にもよく使われます。

2021年のGDP世界ランキングでは、日本は3位ですが、トップのアメリカと2位の中国だけで、世界全体のGDPの約4割を占めています。

GDPは国の経済規模や、世界における影響力を考察するのに役立つため、年に1度は主要国のGDPをチェックしておくとよいでしょう。

なおかつては「国民」によって新しく生産されたモノやサービスの付加価値を示すGNPがよく使われていましたが、現在では代わりにGNIという指標が使われるようになっています。

次回は景気に関する経済指標について解説します。

もう損しない!
企業の業績やニュースに惑わされない
相場師朗(あいばしろう)
株塾無料レッスン
mv

株トレードにおけるエントリーやエグジット、銘柄の選定方法などに悩んでいませんか?
本レッスンは、プロトレーダー相場先生による

  • なぜ、企業の業績やニュースをチェックせず利益を上げられるのか
  • 継続的に利益を上げるために必要なこととは
  • 現在3,500 名以上が通う 『 株塾 』 とはどんなところなのか

など、株トレードをする上で押さえておくべきポイントを、毎日メールにてお届けしている無料のレッスンです。
ぜひ、あなたの今後の株トレードにもお役立てください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

投資歴40年のプロトレーダー 相場師朗先生が
最新の株技術や株式投資が初心者の方に向けて
役立つ情報などをお届けします!

目次
閉じる