米国株に投資するメリットとは?注意点についても解説します

こんにちは、インテク事務局です。

株式投資をしていると、「米国株投資」という言葉を見聞きすることがあるかと思います。

日本株投資しかしたことがない状態だと、米国株に投資するメリットが何なのか気になるのではないでしょうか。

そこで本記事では、米国株に投資するメリットをご紹介していきます。

金融商品である以上リスクも伴いますので、投資する際の注意点についても触れています。

ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事でわかること

    • 米国株に投資するメリット
    • 米国株に投資するときの注意点

米国株に投資するメリット

ではさっそく、米国株に投資するメリットをご紹介します。

日本株よりも優れている点や日本株にはない特徴があるなど、国をまたぐだけでも株式の性質は大きく変わります。

株式投資のバリエーションを広げていきたいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

1株から購入することができる(小額投資)

1つめのメリットは、1株から購入することができる点です。

つまり、小額投資に向いています。

株式投資をこれから始めようと思っている方のなかには、多額の資金がないと株式を買うことはできないと不安に感じている方もいらっしゃるかもしれません。

たしかに日本株の場合は、単元株制度により最低でも100株単位で購入する必要がある(ミニ株取引を除く)ので、株価によっては購入が厳しい銘柄もあるでしょう。

一方、米国株には単元株制度がないため、1株からでも購入することが可能です。

少額の投資資金から始めていきたい方はもちろん、投資初心者の方も安心して取引を始めることができます。

世界で活躍する企業に投資することができる

2つめのメリットは、世界で活躍する企業に投資することができる点です。

というのも、世界の時価総額ランキングトップ10のうち、米国企業は7社占めています。

ちなみにそれらの企業は、以下のとおりです。

アップル
アマゾン・ドット・コム
マイクロソフト
アルファベット
フェイスブック
バークシャー・ハサウェイ
ジョンソン&ジョンソン

経済大国と称されることもある米国の株式市場の規模が、いかに大きいものなのかがお分かりいただけるのではないでしょうか。

どれも日本人の私たちにも馴染みがある世界で活躍する有名企業ですが、もちろんこれらの株式も1株から購入することができます。

ちなみに時価総額ランキングの7位は中国企業のアリババ・グループ・ホールディングスですが、同社は米国の株式市場であるニューヨーク証券取引所に上場しています。

ですので、米国株と同じように私たち日本人も取引をおこなうことが可能です。

世界で活躍する有名企業に投資してみたいという方にとって、米国株市場は宝庫のように感じられるでしょう。

配当が手厚い

3つめのメリットは、配当が手厚い点です。

米国株では、日本株と同様に配当金を受け取ることができますが、米国企業は日本企業に比べて株主還元の意識が強いため、支払われる配当金が高めです。

さらに、日本企業は年に1~2回配当金を支払うのが一般的ですが、米国企業はなんと年に4回も配当金を支払う傾向にあります。

米国に限った話ではありませんが、海外では「株式会社は株主のもの」という意識がより強く根付いています。

ですので、企業が利益をあげれば、それを株主に還元するのが当然と考えられています。

保有しているだけである程度のインカムゲインを得ることができるため、米国株は長期投資にもおすすめです。

深夜でも取引をおこなうことができる

4つめのメリットは、深夜でも取引をおこなうことができる点です。

平日の日中は出社して仕事をする必要があるという方は、リアルタイムで株式投資をしたいと思っても日本株市場が開いている時間になかなか取引をおこなうことが難しいと感じて敬遠しているかもしれません。

そのような方には、米国株投資がおすすめです。というのも日本と米国には時差があるので、日本株市場が開いているのは朝から夕方までであるのに対し、米国株市場が開いているのは深夜から明け方までです。

日中は忙しいという方でも、米国株なら仕事終わりの時間帯や寝る前などにリアルタイムで取引をおこなうことができます。

忙しいけどリアルタイムでの取引にこだわりたい、という方にぴったりだといえるでしょう。

為替差益を狙うことができる

5つめのメリットは、為替差益を狙うことができる点です。

日本と米国は通貨が異なっているうえで交換レートが常に変動しているため、売買タイミングによって為替による損益が生じる可能性があります(=為替リスク)。

売買の際は、株価はもちろん円高・円安の関係性にも気を配っておくことで、譲渡益に加えて為替差益を狙うことも可能です。

もちろん為替差損(デメリット)になってしまう可能性もあるので、為替リスクを受け入れる以上は注意が必要になります。

米国株に投資をするときの注意

ここまで、米国株に投資するメリットをご紹介してきました。

魅力的なポイントがたくさんありますが、外国株という日本株とは一味違った商品を取引する以上は、注意しておくべきこともあります。

まず、米国企業や米国株の情報はインターネットなどで入手することができますが、日本企業や日本株の情報と比べると入手が困難もしくは量が少なかったり、日本語で表記されておらず翻訳に手間がかかったりしてしまうことが考えられます。

また、上記でも触れたように日本株投資にはなかった為替リスクが生じるので、外国の金融商品の取引に慣れていない方は注意が必要です。リスクである以上、為替差益と為替差損のどちらに転ぶかはだれにもわからないので、慎重に投資判断をおこなっていきましょう。

まとめ

  • 米国株は1株から購入することができ、低コストで有名企業の株主になることができる
  • 日本株よりも配当金の額や支払い回数が多い
  • 為替リスクがあるので、為替差損が大きくならないように注意

いかがでしたでしょうか?

本記事では、米国株に投資するメリットと注意点についてご紹介しました。

日本株とは一味違った米国株の魅力と、注意するべき点についてお分かりいただけたかと思います。

米国市場には、成長著しく注目度の高い企業も多く存在します。

より幅広い選択肢でトレードの機会を広げるためにも、ぜひ米国株投資をスタートしてみてはいかがでしょうか。

インテク監修 株式投資歴36年以上のプロトレーダー 相場師朗の最新情報をお届け!

合わせて読みたい

米国株を分類する11種類のセクターは?各セクターと主要銘柄を詳しく解説します

こんにちは、インテク事務局です。 米国株は、産業によって11種類の「セクタ

open & close