【特集記事】住まいのお金⑥住まいのお金を備える方法

こんにちは、インテク事務局です。

8月の特集記事では、全6回にわたって「住まいのお金」について解説します。

前回は、民泊ビジネスは稼げる投資なのか解説しました。

近年民泊ビジネスを取り巻く法規制が整備され、営業日数の上限が設けられるなど、個人が手軽に効率的に稼ぐのは難しいのが現状でしたね。

賃貸でも持ち家でも、住まいに関するお金は、生涯切り離すことのできない問題です。

住まいに必要なお金を確保することで、より自由度と満足度の高い人生設計を行うことができ、老後の生活にも備えることができるでしょう。

「マイホームが欲しいけれど、お金はどうやって準備すればいい?」
「もう少しお金があれば、グレードの高い賃貸物件に住めるんだけど・・・。」
「老後は空気のきれいな環境の良いところで暮らしたい。そのためにお金をどうやって備えようか」

最終回となる今回は「住まいのお金を備える方法」についてお伝えしていきます。

目次

(1)住まいのお金を備える方法

住まいについて考える時、マイホームを持ちたいと考える人は多いと思います。

結婚や出産、老後など様々なタイミングで、住宅購入を検討する機会があるのではないでしょうか。

住宅を購入する場合、住宅ローンを利用して家を購入することが一般的になっています。

住宅ローンの金利は、近年は低金利の状況が続いていますが、それでも最終的に支払うことになる利息額は大きなものです。

2020年8月現在、人気の住宅ローンであるフラット35の金利は、年利1.310%~2.060%となっています。

フラット35を利用し、最も一般的な返済方式である元利(がんり)均等返済で、金利1.5%で4000万円を借り入れる場合、総返済額は5,144万円となり、実に1千万円を超える額を利息として支払うことになるのです。

これは住宅ローンを利用せず現金で購入すれば、払わずに済むお金です。

現金購入であれば、住宅ローン契約にかかる時間や煩わしい手間を省くこともできます。

第4回の記事でご紹介した通り、住宅ローン契約がなければ、投資用物件に自分で住むこともでき、住まいの自由度は向上します。

住宅ローンを利用せずにマイホームを購入することができれば、人生設計において大きなメリットとなるはずです。

しかしながら給与収入から得られる貯金だけで、住宅購入に必要な資金を一括で用意することができる人は限られているでしょう。

このような場合、どのように資金を確保すればよいでしょうか。

その答えの一つとなり得るのが、「株式投資」です。

株式投資ならば、大きく利益を上げて必要な資金を備えることも可能になるのです。

また第3回の記事でご紹介したように、インターネットの発達により働き方や住まいの形はより多様化しており、国内外問わず家を住み替えながら好きな場所で自由に生活するという形が現実的なものとなっています。

資金があればより大きく選択肢が広がり、さらに自由に人生を楽しむことができるはずです。

(2)株式投資で利益を上げる方法

株式投資で利益を上げて住まいの資金を稼ぐことで、住まいの選択肢が広がり、住宅を現金で購入することで住宅ローンの利息を払わずに済むなどのメリットを享受することができます。

ただし株式投資で確実に資金を稼ぐためには、「正しい株の技術」が重要になります。

生半可な知識で株式投資に手を出し、失敗してしまう初心者は少なくありません。

「マイホーム資金を貯めよう!」と株を始めたものの、逆に損失が拡大して賃貸物件の家賃も払えなくなり、グレードの低い賃貸物件に引っ越さざるを得なくなった人さえいるのです。

失敗を避けるために欠かせない「正しい株の技術」とは、株価チャートを分析して株の値動きを予測する「テクニカル分析」を活用した技術です。

チャートを分析することで、株価の値動きについて「上昇トレンド」「下落トレンド」などのトレンドを把握し、適切な売買のタイミングを図ることができるようになります。

テクニカル分析について、より詳しくは株価チャートはどうやって見ればいい? テクニカル分析の基本とはの記事をご覧ください。

全体的に株価が下落傾向にあるマーケットの状況においても、「空売り」という手法を用いて株価の値下がりを利用して利益を上げることもできるので、長期にわたって様々な市場で利益を上げることが可能となるのです。

まずは家族で住める大きな住宅を購入し、老後は田舎に引っ越してバリアフリーの注文住宅に住みたい、といった長期的に資金が必要となる人生設計にも対応することができるでしょう。

まとめ

今回は「住まいのお金を備える方法」についてご紹介しました。

住宅購入では住宅ローンを利用することが一般的ですが、現金購入できる資金があれば、多額の住宅ローンの利息を支払う必要がなく、投資用物件に住むことも可能になります。

十分な資金があれば、近年多様化が進む働き方や住まい方に合わせて、自由に家を住み替えて、好きな場所で生活をすることもできるようになるでしょう。

特に住宅の現金購入については貯金や給与収入だけで資金を用意することが難しい中、株式投資で利益を上げることで、必要な資金を備えることができる可能性があります。

確実に利益を上げるためには、正しい株技術を習得することが欠かせません。

当サイトの監修者であり、38年以上の投資歴を誇るプロトレーダーの「相場師朗(あいばしろう)」先生は、アジア最大規模の投資塾『株塾』を主催しています。

老若男女問わず本気で利益を出したい約3,500人の受講生のために、継続的に利益を狙える「再現性のある手法」を教えています。

株塾ならば、サラリーマンや主婦なども多く、同じように住まいのお金を備えたいと考えている株仲間と共に切磋琢磨していくことができます。

こうした投資のスクールも上手く活用しながら、稼げるトレーダーを目指してみてはいかがでしょうか?

もう損しない!
企業の業績やニュースに惑わされない
相場師朗(あいばしろう)
株塾無料レッスン
mv

株トレードにおけるエントリーやエグジット、銘柄の選定方法などに悩んでいませんか?
本レッスンは、プロトレーダー相場先生による

  • なぜ、企業の業績やニュースをチェックせず利益を上げられるのか
  • 継続的に利益を上げるために必要なこととは
  • 現在3,500 名以上が通う 『 株塾 』 とはどんなところなのか

など、株トレードをする上で押さえておくべきポイントを、毎日メールにてお届けしている無料のレッスンです。
ぜひ、あなたの今後の株トレードにもお役立てください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

投資歴40年のプロトレーダー 相場師朗先生が
最新の株技術や株式投資が初心者の方に向けて
役立つ情報などをお届けします!

目次