【ZUU online × 株塾 第4回】トレード時間はたった5分? 相場先生の実トレードを公開

こんにちは。
相場師朗公式運営事務局です。


ZUU onlineとのコラボにてお届けしている動画、
今回が第4回目になります。

今回はいよいよ、相場先生の実際のトレードのお話しも出てまいります。

プロのトレードの奥深さを体感できる
内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。






いつも簡単に上手くいくとは
限らない




まず初めに、いつも簡単に上手くいくとは
限らないというお話しが相場先生からありました。


実践(本番)は練習以上に難しい。

だからこそ、練習しないと
できるようにはならない
ということでしたね。


そして今回は、相場流の基礎を固める上で、
とても大切なルールを教えていただきました。


ルール1. 買うときは、下半身のみ

ルール2. 売るときは、逆下半身のみ



この2つのルールがありました。

下半身とは、赤(5日移動平均線)
の上に陽線が半分以上出たもの、

逆下半身とは、
赤の下に陰線が半分以上出たもの
のことです。

動画の中でも、このルールをもとに、
チャートを見ていきました。



1銘柄目:ミクシィ (2121)





1銘柄目は、ミクシィです。

動画をご覧になっていて、
あなたは上手くトレードできましたか?

先ほど出てきたルール1の「下半身」
に当てはまる部分だったので、
買いエントリーした方も多いと思います。


しかし、その後下落していきましたね。


ここでもう一つ意識しておきたかった
ポイントは、

上昇してからの本数

です。


買ってもいい場面ではあったものの、
本数も意識しながら怪しいと感じて、
すぐに売りに転換することができれば、
大怪我はしなくて済みます。


これも、同じような場面を繰り返し練習すれば、
できるようになります。



2銘柄目:資生堂(4911)





2銘柄目は、資生堂です。

パンパカパンなので、
最初の下がっている部分は見送り、
下半身で上げ始めた後大きく上昇しました。


ここの上昇を取れただけでも200円分の
利幅なので、1000株で20万の利益
となります。


その後はグチャグチャで少しやりにくく、
複雑な場面も見ていただきました。

こういう複雑な場面もあるので、決して簡単では
ありませんが、だからこそ、
練習が必要
だということでしたね。


練習をしていけば、こういうチャートの
動き方、クセも頭の中に入っていくので、
臆することなくトレードができるのです。



相場先生の実トレード





最後に、相場先生の実際のトレードを
ご覧いただきました。


ミクシィの大陰線で買った技は、
今まで出てこなかった技の一つです。

相場先生の技はたくさんあるので、
もちろんここまでで出てきていない技も
たくさんあります。


2,000円より下にいかないと見切り、
下がっては買い足すというスタイル
圧巻でしたね。

これは、さすがにすぐにできるようには
なりません。

しかし、練習していけばいずれできるように
なるでしょう。


相場先生の技をマスターするまでの
大まかな流れを、下記にまとめてみました。


◯ステップ1
理論を理解する

◯ステップ2
正しい練習をする

◯ステップ3
まずは基礎を固める

◯ステップ4
徐々に難易度が高い技術も習得



基本は、まずは3ヶ月やっていただくことで、
路上運転くらいはできるようになります。


そして、次回第5回目の動画の中で、
耳寄りな講座についての
お知らせもさせていただきます。


明日の配信もお楽しみに!

もう損しない!
企業の業績やニュースに惑わされない
相場師朗(あいばしろう)
株塾無料レッスン
mv

株トレードにおけるエントリーやエグジット、銘柄の選定方法などに悩んでいませんか?
本レッスンは、プロトレーダー相場先生による

  • なぜ、企業の業績やニュースをチェックせず利益を上げられるのか
  • 継続的に利益を上げるために必要なこととは
  • 現在3,500 名以上が通う 『 株塾 』 とはどんなところなのか

など、株トレードをする上で押さえておくべきポイントを、毎日メールにてお届けしている無料のレッスンです。
ぜひ、あなたの今後の株トレードにもお役立てください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

投資歴40年のプロトレーダー 相場師朗先生が
最新の株技術や株式投資が初心者の方に向けて
役立つ情報などをお届けします!

目次
閉じる