【特集記事】始めよう海外株式④海外株式で利益を上げる方法とは

こんにちは、インテク事務局です。

7月の特集記事では、全4回にわたって「始めよう海外株式」について解説します。

第3回までの記事では、海外株式と日本の株式との違いや海外株式の始め方についてご紹介し、特に盛り上がりを見せている台湾の株式市場について詳しくお伝えしてきました。

海外株式であっても、値動きに合わせて株を売買するという基本動作は、日本株式と変わりません。

為替リスクや売買手数料といった海外株式特有の特徴に注意すれば、初心者でも海外株式にチャレンジするのは難しくないのです。

海外株式について、思っていたよりもハードルが低いと感じた人も多いと思います。

しかし、いざ取引を始めようと思うと、本当に利益を上げることができるのか不安に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「日本語しかわからない自分でも、本当に海外株式に投資できるの?」
「海外株式で利益を上げるためにはどうすればいい?」
「仕事が忙しくて、海外の企業の業績なんて調べる時間がないんだけど大丈夫?」

最終回となる今回は、海外株式で利益を上げる方法についてお伝えしていきます。

(1)海外株式で利益を上げる方法

海外株式にハードルを感じてしまう人の多くが気になるのは、「英語力が必要なのではないか」といった語学面での不安や「投資する外国企業の業績などを調べるために、時間がかかるのでは」といったことではないでしょうか。

株式投資の手法のひとつとして知られている「ファンダメンタルズ分析」では、企業の財務状況や業績をもとにして、投資する株を選び出し、株を売買するタイミングを見極めます。

この手法では、投資対象の国の情勢をリサーチしたり、投資対象の企業の業績を細かく調べるような機会も多く、一定の語学力が必要とされ、相当の時間を費やさねばならない場合がほとんどです。

ファンダメンタルズ分析を使って投資しようとする場合、語学力や情報へのアクセスの面から海外の情報が得にくい日本の個人投資家にとって、海外株式のハードルは日本株式以上に高くなってしまうことは当然といえます。

そこで海外株式をトレードするために有益な手法となり得るのが、「テクニカル分析」です。

テクニカル分析とは、株価チャートを分析して株価の値動きを予測する手法となります。

株価チャートとは、1日、1週間、1か月といった特定の期間の株価をグラフ化して見やすくしたものです。

チャートを分析することで、株価の値動きについて「上昇トレンド」「下落トレンド」などのトレンドを把握し、適切な売買のタイミングを図ることができます。

海外の銘柄であっても日本の銘柄と同じように、インターネット上で株価チャートを見て分析することができるのです。

ファンダメンタルズ分析と違って、高度な語学力を用いて海外情勢に関する難解なレポートを読み解いたり、英語の財務諸表とにらめっこする必要はありません。

株価チャートの詳しい見方については、株価チャートはどうやって見ればいい? テクニカル分析の基本とはの中で詳しく解説しているので、合わせてご確認ください。

(2)テクニカル分析を習得する方法

テクニカル分析は、日本の株式市場に限らず、海外の株式市場でも普遍的に活用できる技術です。

テクニカル分析を習得すれば、長期にわたって様々な市場で利益を上げることが可能になり、まさに「一生モノ」のスキルといえます。

短期的な利益を狙う人だけではなく、老後など将来を見据えて長期的に資産を形成したいと考える人にとって強い味方となってくれるでしょう。

テクニカル分析は株式投資の世界では有名な手法であるため、インターネット上に解説サイトが設けられていたり、書店でたくさんの解説本が並んでいます。

しかし自己流でテクニカル分析による投資を始めた結果、思わぬ損失を抱えてしまう個人投資家が少なくありません。

テクニカル分析を活用して利益を上げるためには、正しい技術を習得することが重要であり、自己流で投資するとかえって損失に苦しんでしまう人も少なくありません。

株式市場で勝ち続けているトレーダーは、全体のわずか5%とも言われており、正しい「勝ち方」を知っているトレーダーだけが株式市場で勝ち続けることができるのです。

株式投資で勝ち続けるトレーダーになるためには、スポーツのように正しい手法のもとで鍛錬を積むことが欠かせません。

「知っていること」と「できるようになる」ことは違います。

野球でも、間違ったフォームでバッティング練習を続けても、ホームランを打てるようにはならないでしょう。

正しい技術をもとに練習を地道に積み重ね、正しい技術を身に染み付かせていくことで、本当に稼げるトレーダーへと成長することができるのです。

↓プロトレーダー直伝の「株の技術」をオンライン上で学習することができる『株塾』とは↓

まとめ

今回は海外株式で利益を上げるために、株価チャートを分析して株の値動きを予測する「テクニカル分析」を活用する方法についてご紹介しました。

テクニカル分析は、日本の株式市場に限らず、海外の株式市場でも普遍的に活用できる技術であり、習得すれば一生モノのスキルとなります。

正しい勝ち方を身につけ、長期的に株式投資で利益を上げ続けるためには、プロの株技術を習得することが一番の近道です。

当サイトの監修者であり、38年以上の投資歴を誇る相場師朗先生は、アジア最大規模の投資塾「株塾」を主催しています。

老若男女問わず本気で利益を出したい約3,500人の受講生のために、継続的に利益を狙える「再現性のある手法」を教えています。

1人では挫折しそうになることがあるかもしれませんが、相場先生の指導のもと、志を同じくする株仲間と共に切磋琢磨することで、稼げるトレーダーへと成長することができるでしょう。

こうした投資のスクールも上手く活用しながら、ご自分のトレード技術を磨かれてみてはいかがでしょうか?

インテク監修 株式投資歴36年以上のプロトレーダー 相場師朗の最新情報をお届け!

合わせて読みたい

【特集記事】始めよう海外株式③今台湾で株が人気!台湾株の特徴と購入方法

こんにちは、インテク事務局です。 7月の特集記事では、全4回にわたって「始

open & close