【特集記事】FX④ FXは他の投資とどう違う?FXと株式投資の違いとは

こんにちは、インテク事務局です。

10月の特集記事では、全5回にわたって「FX」について解説します。

【特集記事】FX①FXって何?FXの基礎知識
【特集記事】FX②FXは怖い?FXのリスクとは
【特集記事】FX③国内FXと何が違う?海外FXとは
【特集記事】FX④FXは他の投資とどう違う?FXと株式投資の違いとは
【特集記事】FX⑤FXは稼げるの?長期的に資産を形成する真の方法とは

メジャーな投資方法として、FXはよく株式投資と比較されます。

投資を始めたいと考える人は、FXと株式投資のどちらが良いのか迷っている人も多いのではないでしょうか。

「FXと株式投資はどう違うの?」
「初心者はFXと株式投資、どちらから始めるべき?」

今回はFXと株式投資の違いについて解説します。

FXと株式投資の違い

FXと株式投資は、FXは「通貨」、株式投資は「株式」と、それぞれ売買する対象が異なり、実際の取引においても大きく違う点があります。

ここではFXと株式投資の主な3つの違いについて解説します。

(1) 値動きの違い

まずFXと株式は、その値動きが大きく異なります。

通貨の価格はつねに変動しており、テレビのニュースで「今日の東京市場は、1ドルあたり105円7銭で取引されています」などと報じられているのを目にしたこともあるでしょう。

為替を左右する要素は、景気のほか金利、地政学リスク(テロや戦争、財政破綻などから生じるリスク)、原油などの商品価格、政治の安定度など多岐にわたるのです。

さらに国内の個人投資家や銀行などに加えて、世界中の金融機関や投資家など大変多くのトレーダーがFXに参加しており、その値動きは極めて複雑で予測が難しいといえます。

また株取引では株価の暴騰や暴落を防ぐために、株価が1日に変動できる上下の幅を制限する「値幅制限」があります。

一方でFXには値幅制限がないため、世界的に大きな事件が突発的に発生した場合などに、大きな価格変動が生じる場合があるのです。

FXで売買できる通貨はアメリカドルや日本円、ユーロなど10種類ほどですが、株式投資で売買できる株式は日本株だけでも約4,000種類ほどあります。

FXよりも売買できる種類が多い株式は、銘柄によっては買う人や売る人が少なく、ほとんど値動きがない場合も珍しくありません。

売買が活発で取引量が多い銘柄でも、値幅制限があるため変動する株価の幅は一定に抑えられます。

このためFXは株式投資よりも値動きが激しい投資だといえるでしょう。

(2)取引時間の違い

FXと株式投資では、取引できる時間も異なります。

FXは土日を除いて24時間取引ができるのに対し、株式投資の取引時間は原則として平日の9:00~11:30、12:30~15:00と限られています。

FXは世界の主要都市で為替市場が開いているため24時間取引ができ、日本が祝日でも海外市場が開いていれば取引が可能です。

FXは土日以外は24時間市場が開いており値幅制限もないため、値動きを心配するあまり夜も休めず体調を崩してしまうトレーダーもいるようです。

一方で株式投資は取引時間が平日の日中のみに限られているため、それ以外の時間は値動きを心配することなく、翌日のトレードに向けた戦略を練るなどメリハリある時間の使い方ができるのです。

(3)レバレッジの違い

FXと株式投資はいずれもレバレッジをかけて取引をすることができますが、そのレバレッジ倍率には違いがあります。

FXは国内FX会社の場合は最大25倍、海外FX会社の場合は、会社によって異なるものの最大で200倍~1,000倍程度となっています。

一方で株式投資は、信用取引で最大3.3倍までのレバレッジしかかけることができません。

投資初心者の中には、一気に資産を増やそうとハイレバレッジなトレードにいきなり挑戦して失敗し、投資資金を失ってしまう人も少なくありません。

レバレッジが低く制限されている株式投資の方が、FXよりも初心者向きであるといえそうです。

まとめ

FXと株式投資の主な違いについて解説しました。

FXは株式に比べて値動きの変動が激しく、その動きを予測することが困難なため、初心者には難しい投資といえるでしょう。

平日24時間トレードが可能なFXでは夜中も値動きが気になり疲れてしまうこともありますが、株式投資は取引時間が平日の日中に限られているため、よりメリハリを持って時間を使うことができます。

また最大レバレッジが低く制限されている株式投資の方が、一気に資金を失うリスクを抑えることができます。

FXと株式投資のどちらから始めるか迷っている初心者は、まずは株式投資から始めてみてはいかがでしょうか。

株式投資で利益を上げているトレーダーが駆使している、株価のチャートから値動きを予測する「テクニカル分析」はFXでも活用できるものです。

いずれはFXでも稼いでみたいという方は、株式投資で経験を積んでスキルを磨いてからFXに挑戦してみても良いかもしれませんね。

もう損しない!
企業の業績やニュースに惑わされない
相場師朗(あいばしろう)
株塾無料レッスン
mv

株トレードにおけるエントリーやエグジット、銘柄の選定方法などに悩んでいませんか?
本レッスンは、プロトレーダー相場先生による

  • なぜ、企業の業績やニュースをチェックせず利益を上げられるのか
  • 継続的に利益を上げるために必要なこととは
  • 現在3,500 名以上が通う 『 株塾 』 とはどんなところなのか

など、株トレードをする上で押さえておくべきポイントを、毎日メールにてお届けしている無料のレッスンです。
ぜひ、あなたの今後の株トレードにもお役立てください。

インテク監修 株式投資歴36年以上のプロトレーダー 相場師朗の最新情報をお届け!

合わせて読みたい

【特集記事】FX③ 国内FXと何が違う?海外FXとは

こんにちは、インテク事務局です。 10月の特集記事では、全5回にわたって「

open & close