【暗号資産④】暗号資産の詐欺って?詐欺に遭わないためには

こんにちは、インテク事務局です。

今回の特集記事では、全5回にわたって「暗号資産」について解説します。

【暗号資産①】暗号資産って何?基礎から分かりやすく解説

【暗号資産②】ブロックチェーンとは何か?暗号資産の仕組みを解説

【暗号資産③】ビットコイン以外のコインは何がある?違いを解説

【暗号資産④】暗号資産の詐欺って?詐欺に遭わないためには

【暗号資産⑤】暗号資産投資は本当に稼げる?真に資産を形成する方法

「暗号資産って、たまに詐欺のニュースを見かけるけどホント?」

「騙されないために注意しておくことってある?」

暗号資産は、さまざまな分野での応用が期待される画期的な技術に支えられています。

暗号資産の活用によって、多くの人々の生活が豊かになると期待される一方で、残念ながら詐欺に悪用されるケースも少なくありません。

今回は実際に発生している暗号資産に関する詐欺の事例をご紹介するとともに、詐欺に遭わないための注意点もあわせて解説します。

目次

暗号資産に関する詐欺

暗号資産に関する詐欺は多種多様です。なかでも代表的な詐欺を3種類ご紹介します。

高配当をうたう詐欺

暗号資産はその激しい値動きをうまく利用すれば、大きな利益を上げられる可能性があります。

億単位の利益を上げることに成功した人が「億り人」として注目されたこともあり、「暗号資産投資は稼げる」というイメージが広がりました。

そんなイメージを悪用して「1日あたり1%の利益が出る」「元本保証もあって2倍になる」などとウソを言って暗号資産を使ったファンドに勧誘し、お金をだまし取る詐欺が海外だけでなく日本国内でも発生しています。

出資者が勧誘に成功すると紹介料を支払う、マルチ商法の手口を利用している場合もあります。

振り込め詐欺

暗号資産を、メジャーな詐欺である「振り込め詐欺」に絡めた詐欺も少なくありません。

「暗号資産の自動売買システムの購入権に当選しました」などとウソを言い、権利を購入するためのお金を振り込ませるケースなどです。

また「パソコンをハッキングした」という口実で、「動画の公開を回避するためにビットコインを支払え」といった脅迫的な事例も見受けられます。

ICO詐欺

仮想通貨のICOを利用した詐欺も横行しています。

ICO(Initial Coin Offering)とは新規暗号資産公開のことで、企業が暗号遺産を発行して資金調達を行うものです。

多くの企業は資金調達のため、株式を発行してIPO(株式の新規上場)を行っています。

ICOにはIPOのような厳密な審査がなく、よりスムーズに資金調達ができます。

ICOで発行された暗号資産の価格が高騰することもあるため、投資家は大きな利益を上げられることを期待して投資します。

ICO詐欺をする事業者は、はじめから騙す目的で投資家からお金を集め、お金を集められるだけ集めたら逃げてしまいます。

ニセのICOについて説明した資料は巧妙に作られていることも多く、詐欺であることを見抜くのが難しく厄介な詐欺といえるでしょう。

詐欺に遭わないために

では暗号資産に関する詐欺に遭わないためには、どうすればよいのでしょうか。

ここでは3つの対策を解説します。

暗号資産に関する知識を習得する

まず暗号資産に関する、最低限の知識を習得しておくことが重要です。

暗号資産はどのように値動きするのか、どうやって売買するのか、どんな種類があるのかなど、仕組みや最新の情報を理解しておくとよいでしょう。

詐欺は知識のなさにつけこんで行われることが多いため、正しい知識を習得するほど詐欺に遭うリスクを減らすことができるでしょう。

暗号資産登録業者の情報を確認する

暗号資産を入手したり換金したりするには、「取引所」や「販売所」などの事業者(暗号資産交換業者)を利用するのが一般的です。

暗号資産交換業者としてサービスを提供するには、金融庁・財務局への登録が必要です。

「この業者、なんか怪しいな」と感じたら、金融庁がインターネット上で公開している「暗号資産交換業者登録一覧」で登録の有無を確認しましょう。

金融庁の相談サービスを利用する

金融庁では「金融サービス利用者相談室」で、金融に関する質問や相談を受け付けています。

暗号資産に関する相談も可能なので、「必ず儲かる」などと暗号資産の取引を持ち掛けられたら、すぐには応じず相談室に相談するとよいでしょう。

また不審な電話については「188(消費者ホットライン)」へ電話すると最寄りの消費生活センターなど消費生活相談窓口につながります。

もし業者に振り込んだお金が使えなくなるなど被害に遭ってしまった場合は、すぐに警察に相談しましょう。「#9110」に電話すれば最寄りの警察署の相談窓口につながります。

まとめ

暗号資産を取り巻く詐欺の事例と注意点について解説しました。

暗号資産そのものは、決して詐欺ではありません。

しかし暗号資産に関する知識の乏しさにつけこんで、詐欺が行われるケースが後を絶たないのが現実です。

このような詐欺に遭わないためには、正しい知識を習得して身を守ることが重要です。

もう損しない!
企業の業績やニュースに惑わされない
相場師朗(あいばしろう)
株塾無料レッスン
mv

株トレードにおけるエントリーやエグジット、銘柄の選定方法などに悩んでいませんか?
本レッスンは、プロトレーダー相場先生による

  • なぜ、企業の業績やニュースをチェックせず利益を上げられるのか
  • 継続的に利益を上げるために必要なこととは
  • 現在3,500 名以上が通う 『 株塾 』 とはどんなところなのか

など、株トレードをする上で押さえておくべきポイントを、毎日メールにてお届けしている無料のレッスンです。
ぜひ、あなたの今後の株トレードにもお役立てください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

投資歴40年のプロトレーダー 相場師朗先生が
最新の株技術や株式投資が初心者の方に向けて
役立つ情報などをお届けします!

目次
閉じる