保険で資産運用はできる? メリットとデメリットを解説

こんにちは、インテク事務局です。

資産運用に興味をお持ちの方の中には、保険で資産運用ができるのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「保険で資産運用ってできるの?」
「知人から保険での資産運用をすすめられたんだけど、デメリットはないの?」
「保険で資産運用すると何かいいことがあるの?」

そんな疑問や不安を感じたことがある方もいらっしゃると思います。

今回は保険で資産運用はできるのか、そして保険で資産運用をするメリットとデメリットについて解説します。

この記事でわかること

  • 保険で資産運用はできるのか
  • 保険で資産運用をするメリットとデメリット
目次

保険で資産運用はできるのか

まず、保険で資産運用はできるのでしょうか。

結論から言うと、できます。

資産運用とは貯蓄または投資することで資産を増やしていくことですが、保険に入ることによって支払った保険料よりも受け取るお金の方が高くなる場合があるからです。

保険には支払った保険料が返ってこない「掛け捨て型」と、保障機能と貯蓄機能が合わさった「貯蓄型」があります。

貯蓄型の保険なら、一定期間保険料を払った後に受け取れる「満期金」や「解約返戻金」がそれまでに支払った保険料を上回ることで、資産を増やすことができるのです。

具体的には、終身保険、養老保険、年金保険、学資保険といった保険商品が該当します。

保険で資産運用をするメリットとデメリット

貯蓄型の保険商品を選べば、保険で資産運用が可能であることはお分かりいただけたと思います。

ここからは保険に加入する前に知っておきたい、メリットとデメリットを見ていきましょう。

保険で資産運用をするメリット

万が一の場合の保障がある

資産運用が目的であったとしても、保険商品であるため保障が付いています。

万が一のことがあった際に、配偶者や子供の生活を保障してくれるのです。

これは保険商品ならではのメリットといえるでしょう。

節税効果がある

保険には生命保険料控除があり、貯蓄型保険の場合に条件を満たせば控除の対象となる可能性があります。

控除された税金を加味すると、資産運用による実質利回りをさらに高めることができます。

資産運用の知識がなくても始められる

保険で資産運用をする場合、保険料を振り込むだけで運用ができます。

株式投資や不動産投資を行う場合は、投資に関する知識を身に付ける必要がありますが、保険による資産運用はよりハードルが低いといえるでしょう。

保険で資産運用をするデメリット

保険料が高い場合がある

貯蓄型の保険は、掛け捨て型の保険に比べて保険料が高い場合がほとんどです。

保険会社のオフィスは一等地にあることが多く、人件費等の経費も高いことは皆さんご存じだと思います。

それだけ会社として利益が出ているということは、それだけ保険加入者から得ているマージンが高いということです。

自ら株式投資を運用するのであれば、証券会社に支払う売買手数料などの手数料はかかるものの、ネット証券などを利用すればその金額は微々たるものです。

保険の場合、自分で株式投資などの資産運用を行う場合に比べて高くつく場合が多いことを忘れてはいけません。

保障も必要だからという場合なら別ですが、保障はそれほど必要ではないのに資産運用のためだけに保険に入るというのは再考の余地があるでしょう。

途中解約により元本割れする可能性がある

保険加入中に保険料を支払うことができなくなったり気が変わったりして途中解約すると、元本割れとなる可能性があります。

つまり途中解約の場合に返還してもらう返戻金が、それまでに支払った保険料を下回ってしまうことがあるのです。

場合によっては返戻金が返ってこない場合もあります。

途中でもっと割りの良い資産運用の方法を見つけても、途中解約で元本割れしてしまうことを考えると乗り換えられないという人もいるのではないでしょうか。

自ら株式投資を行う場合は、必要な時に売買を行うことができるので、資金を拘束されてしまうことは少ないでしょう。

保険による資産運用は、満期までの長期間継続して加入することが前提になるので、長期間資金を拘束されてしまうのです。

こうしたメリットやデメリットを意識した上で、自分にあっているかどうか判断していきましょう。

まとめ

  • 貯蓄型の保険を選択すれば、保険で資産運用を行うことは可能である
  • 保険による資産運用には、万が一の保障や節税効果、知識がなくても始めやすいというメリットがある一方で、保険料が高く途中解約により元本割れするリスクもある

いかがだったでしょうか?

保険で資産運用というと、投資の知識がなくても保険料を振り込むだけで運用ができ、いざという時の保障もついているということで魅力的に感じる人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際には保険料が高いため自ら資産運用を行う場合に比べて高くついたり、途中解約すると元本割れしてしまうため資金を長期間拘束されてしまうというデメリットもあります。

資産運用が目的であれば自ら株式投資などの投資を行えば、長期間資金を拘束されることもなく高いマージンを取られることもありません。

保険で資産運用を行う場合は、付随する保障機能が本当に必要なのか、保険商品で資産運用を行う必要が本当にあるのかよく考える必要があるでしょう。

もう損しない!
企業の業績やニュースに惑わされない
相場師朗(あいばしろう)
株塾無料レッスン
mv

株トレードにおけるエントリーやエグジット、銘柄の選定方法などに悩んでいませんか?
本レッスンは、プロトレーダー相場先生による

  • なぜ、企業の業績やニュースをチェックせず利益を上げられるのか
  • 継続的に利益を上げるために必要なこととは
  • 現在3,500 名以上が通う 『 株塾 』 とはどんなところなのか

など、株トレードをする上で押さえておくべきポイントを、毎日メールにてお届けしている無料のレッスンです。
ぜひ、あなたの今後の株トレードにもお役立てください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

投資歴35年のプロトレーダー 相場師朗先生が
最新の株技術や株式投資が初心者の方に向けて
役立つ情報などをお届けします!

目次
閉じる