サラリーマンの副業で確定申告は必要? 確定申告不要の収入源についてもご紹介します

こんにちは、インテク事務局です。

サラリーマンで副業をしている方、あるいは検討されている方にとって、1つ懸念材料になるものとして「確定申告」があります。

確定申告とは、個人や法人などが「所得税」を納めるために税務署に申告をする手続きのことを言います。

普段会社に勤務をしているサラリーマンの方は、会社が代行して申告・納税をしてくれるケースが多いので、あまり確定申告を意識しない人も多いのではないでしょうか。

しかし、副業をしていると自分自身で確定申告をしなければならないケースも発生するので、「知らなかった」では済まされなくなります。

では、サラリーマンの方が副業をする際には確定申告は必ずしなければならないのでしょうか。

実は、確定申告をしなくてもできる副業も存在しているのです。

今回は、サラリーマンの方に向けて、副業時の確定申告が必要なケースや、また確定申告をしなくていい副業についてもご紹介していきます。

この記事でわかること

  • サラリーマンの副業で確定申告が必要なケース
  • もし確定申告をしないとどのようなリスクがあるか
  • サラリーマンが確定申告をしなくてもよい副業とは

サラリーマンの副業で確定申告が必要なケース

サラリーマンが副業をする際に確定申告が必要になるケースとして、国税庁によると

1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

2か所以上から給与の支払を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

と記載されています。

つまり、副業による所得が20万円を超えているというケースですね。

逆に、副業をしていても副業での年間所得が20万円以下のケースは確定申告をしなくても大丈夫ということです。

給与年収が2,000万円を超える場合は年末調整が行われないため別途確定申告が必要ですが、これに該当しない方は副業での所得が20万円以上かどうかということを把握しておくようにしましょう。

この副業による所得は、年間での副業収入から副業をする際にかかった諸経費を差し引いた額が所得として計上されます。

例えば、PCを必要とする副業で新たにPCを購入した場合などは、その一部を経費として計上することができます。

自分が副業をする中で、どのようなものが経費としてかかっているかを、確定申告前に一通り洗い出しておくようにしましょう。

経費として申請するには、レシートや領収書などの証拠書類が必要となるので、なくさずに保管しておかなければなりません。

もし仮にそれらの証拠となる書類を無くしてしまった場合は、「出金伝票」という伝票を起こす必要があります。

出金伝票については100円程で市販で購入することができます。

出金伝票は自ら記載しなければいけないので手間も増えますし、レシートや領収書と比べると信用性も低いものになります。

なるべくレシートや領収書を保管しておいて対応することが望ましいでしょう。

確定申告は時間も取られて手間に感じるかもしれませんが、期間内に行わないことによるリスクも潜んでいます。

無駄な支払いを防ぐためにも、リスクについてはしっかりと理解しておきましょう。

もし確定申告をしないとどのようなリスクがあるのか


もし、副業などで20万円以上の収入(利益)がある際に確定申告をしないと、罰則を受ける可能性があります。

これは、「無申告加算税」と呼ばれる罰金で、申告期限までに納税をしなかった人に課される可能性があるものです。

ちなみに、2020年の確定申告期限は2月17日~3月16日までとなっています。

この期間を過ぎてしまうと、余計に税を払わなければいけない可能性もあるので注意しましょう。

「申告しなくてもわからないのではないか」と考えて放置してしまう人もいるのですが、いつかはバレてしまう危険性もあります。

最近では、芸能人の人でも納税ができいていなくて世間を騒がせた事例もありましたが、法律として定められている以上はしっかりと対応する姿勢が求められます。

バレないと思って放置してしまうと、後々より大きな金額を支払わなければいけないという

可能性も理解しておきましょう。

サラリーマンが確定申告しなくてもよい副業とは

確定申告をしないリスクについてご紹介しましたが、そもそも確定申告をしなくてもいい収入源であれば正々堂々と確定申告をしなくても問題はありません。

では、どのようなものであれば確定申告をしなくても良いのでしょうか。

それは、株式投資です。

株式投資での利益でももちろん税金は発生しますが、証券口座の種類によってはどれだけ利益を上げても確定申告の必要がないものがあります。

詳しくは、株式投資に必要な証券口座の種類とは? それぞれの口座について徹底解説します。の記事に記載していますので、合わせてご覧ください。

こちの記事でも紹介している通り、特定口座の源泉徴収ありの口座を作成して株取引を行えば、証券会社側で自動的に売買に応じて税を差し引いてくれるので、煩わしい手続きをする必要がなくなります。

FXなどの投資ではこのような口座がないケースもあるため、注意が必要です。

株式投資はしっかりと技術を磨いていけば利益も比較的上げやすいと言えます。

しかし、初心者の方がいきなり利益を上げ続けるのはとても難しいといえるでしょう。

まずは、しっかりと基礎を学習して、反復練習をしていくことが必要です。

株式投資の勉強方法については、初心者向け 株式投資の勉強の「正しい」やり方の記事で詳しく解説しているので、ご覧ください。

まとめ

  • 副業で20万円以上の利益がある場合は確定申告が必要
  • 期日内に済ませないと罰金が発生することがある
  • 株式投資の特定口座の源泉徴収ありであれば確定申告を行う必要がない

いかがでしょうか。

そろそろ、確定申告の時期も近づいてきて、副業をされている方であれば意識しなければならない問題ですね。

事前の準備をしっかりとしておき、申告漏れがないように気をつけましょう。

インテク監修 株式投資歴36年以上のプロトレーダー 相場師朗の最新情報をお届け!

合わせて読みたい

独身者のお金の使い道はどうする? 独身者に株式投資がおすすめな理由とは

こんにちは、インテク事務局です。   「独身貴族」という言

open & close