オリンピックと株価は関係ある? オリンピックで上がりやすい銘柄とは

こんにちは、インテク事務局です。

2020年はいよいよ「東京オリンピック」が開催されます。

株式投資に興味を持たれている方の中には、オリンピックの開催が近づくに伴いこんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「オリンピックは株価と関係があるのかな?」
「オリンピックで上がる銘柄ってあるんだろうか」
「オリンピック関連銘柄で稼ぐにはどうすればいい?」

もしオリンピックが投資家にとってチャンスとなるのであれば、チャンスを逃さないようにしたいですよね。

今回はオリンピックと株価は関係があるのか、オリンピック関連銘柄で稼ぐために必要なことは何かを考察していきます。

この記事でわかること

  • オリンピックと株価は関係があるのか
  • オリンピック関連銘柄で稼ぐために必要なこととは

オリンピックと株価は関係があるのか

まずオリンピックと株価は関係があるのか考察してみましょう。

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、日本は史上最多のメダル数を獲得し大きな話題を呼びました。

日本代表選手の活躍によってオフィシャルスポーツウェアをてがける「アシックス」の株価が上昇したほか、体操男子団体が金メダルを獲得したことで主要選手が所属する「コナミ」の株も注目されました。

そして今回2020年の東京オリンピックでは、自国開催ということでインフラ整備などオリンピック開催のための準備が進められています。

東京都の試算によれば東京でのオリンピック開催が決定した2013年から2020年の開催、さらに開催10年後の2030年までの18年間における経済効果は約32兆円にものぼるとされています。

外国人観光客の増加に加え、飲食店やホテルの利用者増加、雇用拡大などにより大きな経済効果が見込まれているのです。

このように経済にプラスの影響が期待されることから、日本の株が注目を集め株価が上がりやすいと考えることができるでしょう。

日本の株式市場では東証1部の売買額のうち、実に7割以上を海外投資家が占めていると言われています。

さらにオリンピック関連銘柄として特定の業種や企業にも注目が集まっています。

新国立競技場を始めとする競技会場の建設などにより、建設やインフラ関連銘柄が注目されています。

東京オリンピック関連工事を手がけるスーパーゼネコン「鹿島」「大成建設」「大林組」などが代表的ですが、東京オリンピック選手村の建設を請け負う「三井不動産」なども外せません。

さらにオリンピックには世界中から多くの観光客が訪れるため、テロ対策や治安面での警備のためにセキュリティ関連の銘柄も見逃せません。

警備会社大手の「セコム」や、所属選手が多数メダルを獲得している「アルソック」として有名な「綜合警備保障」は東京2020オリンピックオフィシャルパートナーにもなっています。

このようにオリンピックの東京開催ということで日本の株式市場全体の注目が高まるほか、特に特定の業界の株価は上昇する可能性があるため、うまくチャンスを掴めばオリンピック関連銘柄で利益を出すことができるでしょう。

オリンピック関連銘柄で稼ぐために必要なこととは

オリンピックの影響により株価の上昇が期待される銘柄があることが分かりましたが、それらの銘柄で必ず稼げるとは限りません。

なぜならば株価を動かしているのは「投資家心理」であるからです。

オリンピック関連銘柄として株価の上昇が期待されると分かれば、多くの投資家が株を買うでしょう。

銘柄が注目される前の株価が安い時に買い、注目を集めて株価が上昇した時に売ることができれば利益を上げられるはずです。

しかし特に初心者の場合、すでに銘柄が注目され株価が高くなっている状態で買ってしまうことも少なくありません。

するとすでに株価が上がりきっているので、株を買った後に株価が下がってしまう「高値掴み」となってしまうこともあるでしょう。

高値掴みに関しては、なぜ株は高値掴みしてしまうのか。その理由と対処法を徹底解説の記事をご覧ください。

オリンピック関連銘柄だからと安易に手を出すと、取り返しのつかない損失を被ってしまうこともあるので注意が必要です。

「何となく上がりそう」と根拠なく感情で株を売買することはとても危険なのです。

ではどうやって売買のタイミングを図ればよいのでしょうか。

そこで役に立つのが株価のチャートを分析して値動きを予測する「テクニカル分析」という手法です。

投資家心理は株価のチャートに反映されています。

株価のチャートを分析することで、どのタイミングで株を売買すれば利益が上がるかを判断できるようになるのです。

テクニカル分析については、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析とは? それぞれのメリット・デメリットを解説しますの記事をご覧ください。

初心者の方はいきなり株の購入をするのではなく、まずはしっかりとトレード技術を磨いた上で投資できるようにしていきましょう。

まとめ

  • オリンピックでは高い経済効果が見込まれるため日本の株式市場への注目が高まる
  • 株価の上昇が期待されるオリンピック関連銘柄は、特に初心者は高値掴みしやすいなど逆に損失を被る可能性もある
  • オリンピック関連銘柄で利益を出すための株の売買タイミングを図るには、テクニカル分析が有効となる

いかがだったでしょうか?

いよいよ東京オリンピックの開催が近づき、日本の株式市場もより盛り上がりを見せることが期待されます。

オリンピック関連銘柄で稼ぎたいという人も多いと思いますが、売買の際には高値掴みなどの失敗を避けるためテクニカル分析を活用するのがおすすめです。

当サイトではテクニカル分析を中心に、株取引に役立つ情報をご紹介しています。

株式投資について興味を持たれた方は、ぜひ当サイトの記事をチェックしてみてください。

インテク監修 株式投資歴36年以上のプロトレーダー 相場師朗の最新情報をお届け!