株と仮想通貨ならどちらに投資すべき?全く違う投資と理解しよう

こんにちは、インテク事務局です。

株式投資初心者のギモン、株と仮想通貨ならどちらの投資を始めようか考えることがあるのではないでしょうか。

2017年頃に盛り上がりを見せた仮想通貨ですが、現在でもある程度は下火になったとは言え、話題に上がり興味を持つ初心者の方も多いですよね。

しかし、株と仮想通貨の場合、そもそも全く違う投資対象であり、トレードのしやすさも初心者が行う上ではレベルが違うものなのです。

つまり、安易にレベルの高い投資に初心者が手を出してしまうと、資金を全て溶かしてしまう結果となりやすいでしょう。

そこで今回は、株と仮想通貨ならどちらに投資をすべきかについて紹介をしていきます。

この記事でわかること

  • 仮想通貨トレードの特徴について
  • 株と仮想通貨は違う投資ということ
目次

株と仮想通貨は全く違う投資

投資初心者が株をはじめるべきか、仮想通貨をはじめるべきかで悩んだ際にはまず、株と仮想通貨が投資としてどのように違うのかを理解する必要があります。

株式投資は現実社会と身近な関係にあるため、投資初心者でも売買のイメージをしやすいと思います。

その反面、仮想通貨は現実には存在しない通貨のためイメージを持つことが難しいかもしれません。

そこでまずは、株と仮想通貨を比較するために仮想通貨のトレードがどのようなものなのかを紹介していきます。

仮想通貨のトレードは通貨同士の交換

株は基本的に日本円と株式の売買を行う投資ですが、仮想通貨は日本円と仮想通貨の売買を行う通貨同士の交換となります。

仮想通貨はインターネット上に存在するデジタル通貨であり実体が存在しないため、通貨と通貨の交換を行うイメージを持ちにくいと思います。

さらに仮想通貨の場合は、仮想通貨同士の売買を行うことも可能です。

例えば、日本円とビットコインのトレードを行いビットコインを買った後に、ビットコインとイーサリアムのトレードを行いイーサリアムを買うことができるのです。

仮想通貨同士のトレードを行うことができますが、相対的な価値の変動が起こるため価格の予想を行いにくいという面もあります。

株であれば日本円の価値が大きく変動することは少ないため株価の変動だけを意識すれば良いのですが、仮想通貨同士の場合はビットコインの価値が上昇すると同時にイーサリアムの価値も上昇していることもあるのです。

このように株式投資は企業が発行する株式でトレードを行い、仮想通貨はインターネット上の通貨でトレードを行うという違いがあることを理解しておきましょう。

(※ビットコイン、イーサリアム=仮想通貨)

仮想通貨はボラティリティが高く初心者には難しい

もう一つ仮想通貨のトレードに関して株式と大きく違うのは、ボラティリティの高さです。

ボラティリティとは値動きの幅のことであり、価格が大きく変動する場合をボラティリティが高いと呼び、価格が小さく変動する場合にはボラティリティが低いと呼びます。

仮想通貨に関してはまだ、新しい投資であるため市場が安定しておらず、どの仮想通貨でもボラティリティが安定していません。

仮想通貨の中で一番人気があるビットコインの場合だと、FXのドル円の約5倍程度のボラティリティがあると言われています。

FX自体が株よりもボラティリティが高い傾向にあり、仮想通貨は1日で40%近くの急落が起きることもあるため、そのボラティリティの高さが分かるでしょう。

ちなみに仮想通貨には草コインと呼ばれる、知名度も取引量も低い仮想通貨の種類が存在しますが、1枚の通貨で0.01円程度の価値しかないものが翌日には1枚100円の価値まで上昇することもあります。

つまり、仮想通貨は全体的にボラティリティが高いため、それに伴う形でリスクも高く、初心者がトレードで上手く利益を出すのは難しいのが現状と言えます。

初心者が投資をするなら仮想通貨よりも株がおすすめ

仮想通貨トレードの特徴について紹介をしてきましたが、初心者が投資をするなら仮想通貨よりも株トレードの方がおすすめです。

なぜなら、株であれば極端にボラティリティが高くなりすぎないように値幅制限が設定されており、初心者でもテクニカル分析を学ぶことで稼げるようになるためです。

これから詳しく紹介をしていきます。

株は値幅制限が設定されている

株式投資の場合、株価に応じて値幅制限が設定されています。

どれだけの値幅設定されているのかは、前日の終値である基準価格により変わり、700円~1,000であれば150円の値幅制限、5,000~7,000円であれば1,000の値幅制限が設定されます。

このように全ての株において共通事項として、0円から1,000,000円未満の間で細かく設定されているので安心感がありますよね。

もし前日の株価の終値が6,000円だった場合には、値幅制限が1,000であるため、7000円以上まで価格が上昇した際にはストップ高となり取引が行なえなくなります。

逆に5,000円まで価格が下落した際にはストップ安となり取引が行なえなくなります。

これが仮想通貨の場合だと、値幅制限が無いため下落が起こる際には0円近くまで一気に下がることもあり、急騰の場合には青空天上でどこまでも価格が伸びる可能性があるのです。

つまり、株の場合は1日のボラティリティに制限があるため、株を持っている場合に極端な損失を避けることができるのです。

トレードに慣れていない初心者にとっては、安心しながらトレードを行えるポイントとなります。

初心者でもテクニカル分析を学ぶことで稼げるようになる

株には値幅制限があり、緩やかに上昇や下落を繰り返すので、仮想通貨と比較すると株の方が安定したトレードを行うことができるとお伝えしてきました。

仮想通貨の場合は、どうしてもボラティリティが高くなると同時に、外的要因で簡単に値が動いてしまいます。

数年前に、海外で仮想通貨に関する規制の法律が施行された際、海外取引所がハッキングにより仮想通貨を流出させてしまい、仮想通貨取引所が閉鎖したことがあります。

このことにより、仮想通貨の値動きは大きく影響し、暴落に気が付かなかった人は大損失を被ることとなりました。

仮想通貨の取り締まりは国によって違いますが、仮想通貨は日本で問題が発生していなくても、海外で問題が発生した際に価格に影響が反映されてしまうことを覚えておいてください。

ちなみに株でも企業の業績や日本経済の状況などで株価に変動を与えることがありますが、基本的にそれらの情報は発表前に株価に織り込まれていることが多いです。

織り込み済みの株価をテクニカル分析で価格を予測し、値幅制限により大幅なずれが発生しないので、株式投資はテクニカル分析が他の投資よりも有効的な場面が多くなるというメリットもあります。

テクニカル分析の技術を学べば、初心者でも株式投資で稼ぐことができる技術を身に付けられるのです。

まとめ

  • 仮想通貨トレードはボラティリティが高く予測が難しい
  • 株は株式への投資、仮想通貨は通貨への投資
  • 初心者がはじめるなら株がおすすめ

いかがでしたでしょうか。

仮想通貨はボラティリティが高く、日本だけではなく海外の情報も価格に影響を与えるため、テクニカル分析だけでは価格変動の予測が立てにくく初心者には難しい投資となります。

そのため、株か仮想通貨で悩んだ際には株のトレードをおすすめします。

特にテクニカル分析による株のトレードであれば、初心者でも技術を磨いていくことで稼げるようになるでしょう。

もし、株をはじめるためにどのような勉強をすればいいか迷った際には、当サイトの他の記事を参考にしてみてください。

初心者が株をはじめるための方法を1から紹介をしているので、お役に立てると思います。

もう損しない!
企業の業績やニュースに惑わされない
相場師朗(あいばしろう)
株塾無料レッスン
mv

株トレードにおけるエントリーやエグジット、銘柄の選定方法などに悩んでいませんか?
本レッスンは、プロトレーダー相場先生による

  • なぜ、企業の業績やニュースをチェックせず利益を上げられるのか
  • 継続的に利益を上げるために必要なこととは
  • 現在3,500 名以上が通う 『 株塾 』 とはどんなところなのか

など、株トレードをする上で押さえておくべきポイントを、毎日メールにてお届けしている無料のレッスンです。
ぜひ、あなたの今後の株トレードにもお役立てください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

投資歴35年のプロトレーダー 相場師朗先生が
最新の株技術や株式投資が初心者の方に向けて
役立つ情報などをお届けします!

目次
閉じる