お金があれば株は勝つことができる?株で大切なのは技術!

こんにちは、インテク事務局です。

株式投資初心者のギモン、株はお金を持っている人の方が有利だと考えてしまう事がありませんか。

大金を用意できれば大量の株を買い、少しの値上がりで大きく稼ぐことができますし、配当金も少額しか投資ができない場合と比べると、それだけで数百万円多く稼ぐことができます。

大金があれば有利なのは確かなのですが、実際に必要なのは「トレードで利益を上げられる技術」と「大金を扱うことができるメンタルや資金管理能力」であり、ひとつでも欠けると大金を運用し稼ぎ続けることが難しいのです。

そこで今回は、株式投資はお金があれば勝つことができるのかについて紹介をしていきます。

この記事でわかること

  • 大金を持つ人が本当に有利なのか
  • 誰もが大金を投資できたとして成功できるのか
  • 株式投資で継続的に利益を上げるために必要なこと

株式投資では投資資金の額が多いほど有利な面はある

株式投資では、投資金額が多ければ多いほど有利だと聞いたことがあるのではないでしょうか。

実際に株式投資では投資金額が多い人ほど有利に投資を行うことができます。

単純に資金を10万円用意した場合と、1,000万円用意した場合では、誰が見ても1,000万円用意した方が買える株の種類や量が有利だという事がわかりますよね。

では実際に、投資資金の額が多ければどのように有利なのかを紹介していきます。

資金が多ければ稼げる金額が違う

少ない投資資金に比べて投資資金が多ければ、同じトレードを行った際に儲けられる金額が変わってきます。

例えば、株価1,000円の銘柄を買い、株価が上昇して1,500円となった時点で売ったとしましょう。

資金10万円で全額投資を行い100株購入した場合、10万円の資金が15万円に増えるので5万円の利益を手に入れることができます。

これが資金1,000万円で100株購入した場合には、1,000万円の資金が1,500万円に増えるので500万円の利益を手に入れることができます。

このように単純に同じトレードを行った場合では、投資資金が多ければ多いほど稼げる仕組みとなるのです。

他にも配当金を狙った場合も同様で、年利回り5%の株を購入した場合、10万円であれば年間5,000円の配当金を受け取れますが、1,000万円であれば年間50万円の利益を手に入れることができます。

単純に資金力の差ではありますが、実際に少額投資と高額投資で得られる利益を比べてみるとこれだけの違いがあることがわかるのです。

ナンピンや買い増しなど使える戦略が増える

他にも投資資金が多い場合には、ナンピンや買い増しなどの使える戦略が増えるメリットがあります。

株価3,000円の銘柄に投資をする場合には、3,000円×100株=30万円の資金が必要となります。

少額で投資をしている場合には100株買うことが精一杯という人も少なくないでしょう。

しかし大金で投資をしている場合には、始めから1,000株購入することができ、後に買い増したりすることも可能です。

さらに資金に余裕があれば、1,000株買った後に株価が下がったとしても、もう1,000株買い増したりすることもできます。(ナンピン)

他にも損切りラインに余裕を持つことができるため、投資資金が多ければ多いほど有利となるのは確かです。

※ナンピンとは、保有している銘柄の株価が下がったときに、さらに買い増しをして平均購入単価を下げることです。

お金があれば有利だが実際にトレードを行う際にはスキルや技術が大切

株式投資では、お金があるからと言って全ての人が上手くトレードができるとは限りません。

大量の株を買うこともできて、買い増しにより平均購入価格を下げられたとしても、株価変動の予測を上手く立てられなければ結果的に損切りを行うことなります。

お金があったとしても、それを扱うだけの資金管理能力や株の技術がなければ、結果的に勝つことができないということです。

大金を扱う資金管理能力やスキルがなければ資金は減るだけ

仮に、これまで30万円の資金でトレードを行ってきた人が、いきなり3,000万円の資金を手に入れたとしましょう。

恐らく資金量の違いや、大量の建玉を保有した時に起こる利益と損失の変動額の大きさに慣れていないため、上手くトレードができないでしょう。

よくあるのが、大金を投資しているのでなるべく損失を出したくないという気持ちが先走り、利益が出るとすぐに利益確定をしてしまうことです。

さらに、損失が出るといつかは価格が戻ると信じて損切りを行えずに塩漬け株となったり、結果的に損切りラインよりも低い価格で損切りを行い損失額が膨らんでしまうこともあります。

このように大金を扱う場合には、その金額を扱えるだけの資金管理能力がなければ資金を使いこなせず、減っていくばかりの状態となります。

そのため、株で大勝ちをして数千万円を手に入れても、数か月後にはせっかく手に入れた利益を全て失ってしまった…という人の話をたまに聞くのです。

初心者でも技術を磨いていけば十分稼げるようになるのが株式投資

投資資金を豊富に準備できたとしても、自分の能力が資金に見合っていなければ株式投資は勝ち続けることができないという話をしてきました。

そこで初心者の方に意識をしてもらいたいのが、まずは株の技術を磨いていくことです。

いくら大金を用意して豊富な投資資金でトレードをしたとしても、株価変動の予測を立てられなければ意味がありません。

買った株が下がり始めて買い増しやナンピンで購入価格を下げたとしても、株価のトレンドを読むことができなければ、下降局面の株を買い続けているだけの状態となる場合があります。

単純に1回のトレードで見てみると、株価の変動でどれだけの売買差額を得ることができるのかが重要であり、買い増しやナンピンなどの資金が必要な技術を除けば投資資金量はあまり関係なく、テクニカル分析によって株価の変動を予測することが大切となるのです。

つまり、初心者でも少額からはじめて株の技術を磨いていくことで、稼げる金額も上がってくると同時に、取り扱う資金量も増えてくるため資金管理能力も向上するのです。

そのため、資金を潤沢に準備するのも選択としては十分にあり得ますが、株式投資で稼ぎたい場合には技術を磨いていくことが先決と言えるでしょう。

まとめ

  • 大金を持つ人が株式投資で有利なのは確か
  • 資金量に見合った実力と資金管理能力がなければ資金を減らしてしまう
  • 株式投資で継続的に利益を上げるためは技術が必要

いかがでしたでしょうか。

大金を持つ人が株式投資で有利なのは確かです。

しかし、それに見合った実力と資金を管理することができる能力がなければ、資金を減らしてしまう結果となります。

そのために、初心者の方はまず株の技術を磨きながら資金を増やしていき、資金管理ができるようになることを目指しましょう。

ちなみに当サイトでは、初心者に役立つ株の情報から、監修者である相場師朗先生の「株の技術」を豊富に紹介しているので、よければ他の記事を参考に勉強してみてください。

資金は一度増やせても失敗すれば減りますが、技術は身に付けることで一生役に立ちます。

これは株に限ったことではありませんよね。

まずは、自分の実力を上げていくところからはじめていきましょう。

もう損しない!
企業の業績やニュースに惑わされない
相場師朗(あいばしろう)
株塾無料レッスン
mv

株トレードにおけるエントリーやエグジット、銘柄の選定方法などに悩んでいませんか?
本レッスンは、プロトレーダー相場先生による

  • なぜ、企業の業績やニュースをチェックせず利益を上げられるのか
  • 継続的に利益を上げるために必要なこととは
  • 現在3,500 名以上が通う 『 株塾 』 とはどんなところなのか

など、株トレードをする上で押さえておくべきポイントを、毎日メールにてお届けしている無料のレッスンです。
ぜひ、あなたの今後の株トレードにもお役立てください。

インテク監修 株式投資歴36年以上のプロトレーダー 相場師朗の最新情報をお届け!

合わせて読みたい

株価は不規則に動いている?ランダムウォーク理論は本当に正しいのか

こんにちは、インテク事務局です。 株式投資を始めたばかりの頃に、このような

open & close