株式投資初心者でも信用取引の仕組みを理解すれば怖くはない

こんにちは、インテク事務局です。

株式投資初心者のギモンとして、信用取引と聞くとどのようなイメージを持つでしょうか。

株式投資に慣れた上級者が使う取引方法であったり、失敗をすると追証(借金)をしてしまう可能性がある恐ろしい取引方法だと思っている初心者の方もいるでしょう。

確かに資金を増やしてレバレッジを掛けた状態や空売り自体に一定のリスクは存在しますが、信用取引の仕組みについてきちんと理解をしておけば初心者でも大きな武器となる取引方法なのです。

そこで今回は、信用取引の特徴を紹介しつつ、怖いイメージが付いてしまう理由と初心者でも武器に出来る使い方について紹介をします。

この記事でわかること

  • 信用取引の仕組みや特徴について
  • 信用取引が怖いと考えられてしまう理由
  • 初心者でも出来る信用取引の使い方

信用取引の特徴について

信用取引には、「資金を借りて買う取引」(買い建て)と、「株式を借りて売る取引」(売り建て)の2種類があります。

もう少しわかりやすく紹介をすると、自分の資金を最大3.3倍まで増やした状態で、買いと売りの両方からトレードを始めることができる取引方法となります。

現物取引(普通のトレード)の場合なら、株価×100株分の資金があればトレードを始めることができますが、信用取引では最低保証金が定められているので30万円以上の資金を入金しておかなければトレードを行うことができません。

それでは実際に、資金を増やした状態でトレードができる「レバレッジ」と、売りからトレードが始められる「空売り」について詳しく解説していきましょう。

最大3.3倍に資金を増やしてトレードができる(レバレッジ)

※レバレッジとは…レバレッジ(Leverage)は「テコの原理」を意味する言葉。テコを使えば小さな力でも重いものが持ち上げられるように、レバレッジを利用すれば「自己資金は少なくても大きな資金を動かすことができる」という意味合い。

信用取引では、自分の資金を最大3.3倍まで増やした状態でトレードを行うことができます。

例えば30万円の資金を準備して、株価の上昇が期待できる株に30万円で3倍のレバレッジをかけて購入したとしましょう

30万円の3倍となるので90万円の資金で株を買うことができ、30万円以外の60万円分は証券会社からお金を借りている状態となります。

そのため、買った株の株価が倍となった時には90万円が180万円となるので90万円の利益が発生しますが、株価が半値まで下落をしてしまった際には45万円の損失が発生します。

45万円の損失が発生してしまうと元資金は30万円しかないため、30万円-45万円=15万円は「追証」と呼ばれる借金となるのです。

追証は証券会社から借りたお金に損失が出ている状態となるので、損失分を資金追加することで解消されます。

つまり信用取引でレバレッジを掛けると、リターンはレバレッジを掛けた分増え、それと同時にリスクもレバレッジを掛けている分高くなるのです。

売りからトレードが始められる(空売り)

現物取引では、株を安く買って上昇したら売るという方法で利益を狙うのが基本の形です。

ところが空売りでは、株を高く売って安く買い戻すことで利益を狙うことができるのです。

例えば、テクニカル分析などにより、これから株価が下落すると予測することができる株価1,500円の株があったとしましょう。

下落すると予測できるので、信用取引により株価1,500円の時に空売りを行い、予測通り株価が下がり1,000円となった時に買い戻すことで500円分の利益を狙うことができます。

このように空売りの仕組み自体は、トレードをする場合には高く売って安く買い戻すことができる取引方法と理解しておけば大丈夫です。

ただし、決済期日(約6ヵ月後)までに買い戻して株式を返却することで差額が利益となるので気を付けましょう。

ちなみに信用取引に関しては「信用取引とは? リスクを抑えた上手な活用方法もご紹介」の記事でも詳しく解説をしているので、気になる方は参考にしてみてください。

信用取引は怖いというイメージが強く定着している

株式投資初心者やこれから投資を始めようと考えている方の中には、「信用取引」と聞くだけで怖いイメージを持ったり、ただ漠然と「やめておいたほうが良い」と考えてしまうこともあるのではないでしょうか。

しかしこれは、信用取引で発生するリスクに関して、利点などを理解せずに過大解釈をしている場合が多いのです。

そこでここからは、実際になぜ信用取引が怖いというイメージを持たれるのか、そして初心者でも信用取引を上手く使う方法について紹介をしていきます。

空売りで資金を増やした状態だと大損失のリスクがある

信用取引の最大のリスクは、追証が発生してしまうことと、空売りによるトレードで損失額が青空天上となる恐れがあることです。

現物取引では追証が発生することはまずなく、最大の損失でも買った株の資金のみとなります。

しかし、信用取引の場合にはレバレッジを掛けることで自分の準備した資金以外に証券会社から借りている資金を使うため、自分の準備した資金以上の損失が出た場合には追証となり借金を抱ることになります。

空売りからトレードを始めた場合は、株価が下落せずに上昇した場合はどこまで上がるかわからず損失額を想定することができません。

例えば、株価1,000円の株を買った際には0円~1,000円までの値動きで損失が発生するとわかりますが、1,000円で株を空売りをした場合には1,000円~2,000円だけではなく5,000円・10,000円と青空天上に増えていく可能性があり、このように損失額を想定することができない怖さがあるのです。
(実際にはストップ高や証拠金維持率低下による強制決済があるため完全な青空天井とはなりません)

このように、レバレッジによる追証と空売りによる青空天上などによるリスクがあり、株価が暴騰した場合には大損失の可能性があるため信用取引は恐れられているのです。

※「青空天井」とは、際限なく株価が上昇しているような状態をいいます。
雲1つない青空のように陰りがみられず、天井=ピークがない、という意味からきています。

株式投資初心者でも空売りは上手く使えば武器となる

信用取引を恐れる人が多い理由を紹介しましたが、信用取引はレバレッジを抑えて空売りを使えば、初心者でも株価の下落局面で利益を狙える武器となります。

信用取引では最大3.3倍のレバレッジを掛けられるため、リスクがあると紹介されることが多いのですが、実際には1倍のレバレッジでもトレードをすることができます。

つまり信用取引で1倍の空売りを行えば、現物取引とそこまでリスクに関して大差がないのです。

この方法を活用することで、上昇局面・下落局面のどちらでも利益を狙うことができます。

「信用取引は怖い」というイメージだけを持つのはもったいない面も多いです。

空売りという素晴らしいトレードを行うことができるので、仕組みについて正しく理解をして使うことができれば、多くの場面で稼げる投資家に成長することができるでしょう。

まとめ

  • 信用取引は資金を最大3倍に増やして、トレードを始めることができる
  • 信用取引には追証と、空売りの際に青空天上の恐れがあるため恐れられている
  • 初心者でも低レバレッジによる空売りなら武器になる

いかがでしたでしょうか。

リスクが多く恐ろしいと思われがちな信用取引ですが、仕組みや内容についてきちんと理解をすれば素晴らしい取引方法と気付けるでしょう。

もちろん空売りに関しても、株価はどこまでも上昇する可能性がある(青空天井)というリスクがあるため、その点についてはきちんと想定を行い損切りラインを明確に設定し対応することが重要です。

ぜひ、今回の記事を参考にして、恐れずに空売りを取り入れながら株の技術を磨いてきましょう。

もう損しない!
企業の業績やニュースに惑わされない
相場師朗(あいばしろう)
株塾無料レッスン
mv

株トレードにおけるエントリーやエグジット、銘柄の選定方法などに悩んでいませんか?
本レッスンは、プロトレーダー相場先生による

  • なぜ、企業の業績やニュースをチェックせず利益を上げられるのか
  • 継続的に利益を上げるために必要なこととは
  • 現在3,500 名以上が通う 『 株塾 』 とはどんなところなのか

など、株トレードをする上で押さえておくべきポイントを、毎日メールにてお届けしている無料のレッスンです。
ぜひ、あなたの今後の株トレードにもお役立てください。

インテク監修 株式投資歴36年以上のプロトレーダー 相場師朗の最新情報をお届け!

合わせて読みたい

個別銘柄とインデックス、初心者がはじめるならどちらがおすすめ?

こんにちは、インテク事務局です。 国内株式の内、225銘柄の株価を使って算

open & close