株式投資を始めるなら掛かる税金について知っておこう

こんにちは、インテク事務局です。

株式投資初心者のギモンとして、株式投資の利益にはどんな税金が掛かるかご存知でしょうか。

まず株のトレードによって得た利益は全てが自分の物になるわけではなく、利益の内から一定の税金を徴収されます。

株で掛かる税金に関しては、サラリーマンが得る給料のような累進課税ではなく、それぞれの利益の種類ごとに分別されている分離課税となります。

特に、サラリーマンやOLの方が副業で株式投資を行うのであれば、税金に関して理解をしておくと、どちらの所得が多ければ多いほどお得になるのかを知ることも可能になります。

そこで今回は、株式投資に掛かる税金について紹介をします。

この記事でわかること

  • 株式投資で掛かる税金について
  • 利益からわかる確定申告の必要性について
  • 給料と株の利益で掛かる税金の違いについて
目次

株式投資で掛かる税金について

株式投資のトレードで得た利益には税金が掛かる仕組みとなっています。

つまりトレードで稼いだ利益は満額自分のお金になるわけでは無く、利益から掛けられる税金を指し引いた金額が残るのです。

全てが自分の利益になるわけではないということを、あらかじめ知っておきましょう。

そしてトレードで稼いだ金額によっては確定申告を行う必要も出てくるため、税金に関して始める前に知っておいた方が良いのです。

では実際に、株式投資で掛かる税金について見ていきましょう。

トレードによる利益と配当金による利益はどちらも税率20.315%

まず、株式投資では2つの利益を得ることができます。

それはトレードによる売買差額を狙う利益と、配当金による利益です。

この2つの利益に関しては、株式投資により得られる利益なので同じ税率となります。

そこで株式投資で掛かる税率を見ていくと、所得税15.315%+住民税5%=20.315%(所得税には復興特別税が含まれている)となります。

株式投資で掛かる税率は、一律20.315%で計算することができ、ある年に株式投資で100万円稼いだ場合には、約20%の税率で約20万円を納税しなければなりません。

もちろん一律なので、50万円や1,000万円稼いだとしても20.315%の税率となります。

株式投資による利益が20万円を上回る場合は確定申告が必要

基本的に自分で稼いだお金については、いくらの金額を稼いだか申告する義務があり、毎年確定申告を行わなければなりません。

サラリーマンなどの会社員の場合には、会社側が行うので自分で行う必要がないでしょう。

しかし、株式投資による利益は会社の給料とは関係がないので、ある一定の金額以上を稼いだ場合には自身での確定申告が必要となります。

その一定の金額とは20万円です。

よって、株式投資による利益が20万円以下の場合には確定申告を行わなくても良いのです。

もしある年に株で稼いだ金額が15万円であれば確定申告は不要となりますが、21万円稼いでしまうと確定申告をしなければなりません。

自分で確定申告をしたことが無い人にとっては、どのように行えばいいか分からずに手間に感じることもあるでしょう。

そこで、各証券会社の口座には「特定口座(源泉徴収あり)」というものが準備されており、この口座を使えば自分が確定申告を行わなくても証券会社が行なってくれるのです。

ちなみに証券会社で開設できる口座に関しては「株式投資に必要な証券口座の種類とは? それぞれの口座について徹底解説します。」で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

株式投資で掛かる税金は高い?それとも低い?

株式投資で掛かる税金について紹介をしましたが、20.315%の税率は税金として高いのか、それとも低いのかについても知っておく必要があります。

株式投資に掛かる税金が、他の税金と比べた際に低いのであれば株式投資で儲ければ儲けるほどお得となり、逆に高いのであれば株式投資で稼ぐよりも他の事を頑張った方が良い、という判断ができますよね。

株式投資は分離課税・会社員の給料は累進課税

会社員の給料に掛かる税率は住民税10%+所得税(所得により変動)によって決まり、所得税部分は累進課税によって決められます。

累進課税とは稼いだ所得金額から税率が変動する仕組みとなっており、下記の通り適応されます。

  • 1,000円~1,949,000円まで:5%
  • 1,950,000円~3,299,000円まで:10%
  • 3,300,000円~6,949,000円まで:20%
  • 6,950,000円~8,999,000円まで:23%
  • 9,000,000円~17,999,000円まで:33%
  • 18,000,000円~39,999,000円まで:40%
  • 40,000,000円 以上:45%

※国税庁:No.2260 所得税の税率(所得税の速算表)

累進課税の場合は稼げば稼ぐほど税率が上がり、課税される金額が高くなっていくのです。

なお、上記の税率計算表から計算された税率に+10%の住民税を加えなければならないので、忘れないようにしましょう。

税金面で見ると株式投資はかなり優秀で副業にもおすすめ

会社員の給料と株式投資の利益について、税金面で見ると株式投資による利益の方がお得になることがわかります。

なぜなら、株式投資の利益はいくら儲けても一律20.315%の税金しか掛からないからです。

会社員の給料の場合は、累進課税による所得税に加えて住民税10%が掛かる仕組みとなっています。

もし会社員としての年収が3,299,000円以内であれば、株式投資に掛かる税率と似た割合となりますが、それ以上稼いだ場合には株式投資の方がお得となります。

今後、収入を上げていきたいと考えた時に、自分の給料を上げる努力よりも株式投資で利益を上げる努力をしたほうが、結果的にお得になると言えるでしょう。

会社での給料を上げてもらうことは簡単にはいきませんが、副業であれば本人の努力次第で収入を増やすことができます。

テクニカル分析により価格の予測をし売買を行うトレードであれば、普段仕事が忙しい方でも副業として始めやすいのではないでしょうか。

まとめ

  • 株式投資の利益には一律20.315%の税金が掛かる
  • 株の利益が20万円を超えたら確定申告が必要
  • 給料よりも株の利益に掛かる税金のほうがお得

いかがでしたでしょうか。

株式投資の利益に掛かる税金は給料に掛かる税金と比べて一律となっているためお得となります。

株のトレードは技術次第で稼げる金額を上げることができ、年々利益を上げていく可能性も十分あるため、今回紹介した税金に関しては理解を深めておきましょう。

それと証券会社で口座開設を行う際には、後々の事を考えると特定口座(源泉徴収あり)がおすすめです。

20万円以下しか稼げないと思っていても、実際にトレードをしてみたら20万円以上稼げた場合に、特定口座(源泉徴収あり)なら自分で確定申告を行う必要がないためです。

ぜひ今後しっかりと株で稼いでいくためにも、今回紹介した税金について参考にしてみてください。

もう損しない!
企業の業績やニュースに惑わされない
相場師朗(あいばしろう)
株塾無料レッスン
mv

株トレードにおけるエントリーやエグジット、銘柄の選定方法などに悩んでいませんか?
本レッスンは、プロトレーダー相場先生による

  • なぜ、企業の業績やニュースをチェックせず利益を上げられるのか
  • 継続的に利益を上げるために必要なこととは
  • 現在3,500 名以上が通う 『 株塾 』 とはどんなところなのか

など、株トレードをする上で押さえておくべきポイントを、毎日メールにてお届けしている無料のレッスンです。
ぜひ、あなたの今後の株トレードにもお役立てください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

投資歴40年のプロトレーダー 相場師朗先生が
最新の株技術や株式投資が初心者の方に向けて
役立つ情報などをお届けします!

目次
閉じる