これから株をはじめるなら投資信託はやめたほうがいい?メリットデメリットを紹介

こんにちは、インテク事務局です。

株式投資初心者のギモンとして、これから株をはじめるなら自分で投資(トレード)を行うのと、投資信託(ファンド)をはじめるのではどちらがいいか悩んでしまう事があると思います。

投資信託は、自分がトレードを行わなくても投信信託を販売している金融機関が自分の代わりに運用をしてくれるので、初心者でも気軽に投資をはじめることができます。

特に考えることなく始めることも出来てしまうため、投資初心者の方には人気が高いのも事実です。

しかし、将来的に株で稼ごうと考えている人にとっては、投資信託はやめたほうがいいというのが当メディアの見解です。

そこで今回は、株初心者が投資信託に投資をするメリットとデメリットを紹介します。

長期的に株で稼ごうと考えている初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること

  • 株初心者は投資信託に投資をすべきなのか
  • 株初心者が投資信託に投資をするメリット
  • 株初心者が投資信託に投資をするデメリット

初心者が投資信託をはじめるメリット

まず始めに投資信託とは、投資家から集めたお金を投資機関が株や債券などに投資・運用する金融商品のことを言います。

投資信託という名の銘柄に投資をするのではなく、国内のA株やB株、海外株や債券、金などの複数の投資対象を組み合わせた金融商品なのです。

そのため直接的に株に投資をしているわけではなく、投資機関や金融機関の運用の専門家にお金を預けて投資をしてもらっているのが投資信託となります。

それでは、株初心者が投資信託をはじめる場合にどのようなメリットがあるのかを紹介していきましょう。

自分でトレードをしなくても投資ができる

投資信託の一番のメリットは、自分でトレードをしなくても投資ができる点となります。

先ほど紹介した通り、投資信託は投資機関や金融機関の運用の専門家が投資家から集めたお金を運用し、その運用成績で利益を手に入れることができます。

つまり、自分でトレードをせずとも専門家がトレードをしてくれて、結果的に各トレードで得た利益を投資信託への投資比率で分配をしてくれるのです。

投資信託は商品によって様々な組み合わせがあり、株だけではなく債券や為替など様々な組み合わせから選べます。

国内の株に投資をしたければ国内株への投資比率が高い投資信託を選び、海外銘柄にも投資したい場合は国内だけではなく海外を含めた様々な投資先に投資をしている投資信託を自由に選ぶと良いでしょう。

さらにリスク分散をしていれば、投資信託内の1社に倒産のリスクなどがあっても、他の銘柄で安定的に株価が上昇していればそこまで大きな影響を受けないメリットもあります。

積立方式で少額からはじめることができる

もう一つ株初心者が投資信託に投資をするメリットがあります。

それは、積立方式で少額から投資をはじめられるということです。

投資信託では、複数の投資家から資金を集めているため、自分でトレードをするときのように最低購入単位である100株からの購入などの必要がなく、各投資信託で決められている最低購入金額で投資ができます。

商品によっては1,000円から投資をできる商品もあり、1回だけではなく毎月の積み立てによって投資をしていくことも可能です。

そのためまとまった資金を用意することが難しくても、毎月1万円や数千円といった金額から積立方式で投資をはじめることができるのです。

初心者が投資信託をはじめるデメリット

自分の代わりに投資機関の専門家がトレードをしてくれて、更に積立方式で少額からでもはじめられる投資信託は良い投資商品のようにも見えますが、実際にはデメリットもあります。

特に自分で株のトレードをはじめるのか、投資信託をはじめるのかで悩んでいる人にとっては重要なポイントとなるのでぜひ目を通してみてください。

信託報酬などの手数料が高くかかる

投資信託には、投資機関が投資家の代わりに運用をするための手数料が必要となっています。

投資信託を購入する際に掛かる購入手数料、投資金額に対して毎日発生する信託報酬などがあり、総額で5%前後の高い手数料が必要となります。

何よりも信託報酬は常に発生する手数料であるため、投資信託の成績の良し悪しは関係ありません。

当然ながら投資信託も人の手によってトレードが行なわれており、元本保証の投資ではないため、投資信託の結果で損失が出ていたとしても手数料を支払わなければならないのです。

さらに投資信託に掛かる手数料は高く、年間5%掛かる場合には、100万円の資金であれば単純に年間5万円を支払わなければならないのです。

株を自分でトレードした場合には1回のトレードで数十円~数百円の手数料が必要となりますが、投資信託の場合には資金に対して5%前後の割合で必要となるので高いことがわかります。

もともとの得られる利益が少ない

投資信託はもともとの得られる利益が少ないという特徴もあります。

投資信託には、各商品の年間で得られる運用利益を利率化した前年からの予想利回りが表示されています。

高いものだと20%を超える利回りの投資信託がありますが、中身の投資先がリスクのある銘柄や金融商品である場合は期待通りの利回りを維持できるかわかりませんし、高い利回りの投資信託の場合には手数料も同時に高くなる傾向があるようです。

ちなみに投資信託全体を見ると、安定的に運用されている投資信託は利回りが5%前後のものが多くなっており、利回りの変動もそこまで発生せずに安定的に利益を狙うことができます。

しかし株式投資をおこなう上では5%の利益自体が低いとも言えるため、仮に手数料が2.5%掛かる商品であれば、2.5%前後の利益しか手に入らないということもありえるのです。

そもそも5%という利益も保証をされているわけではないので、手数料なども含めて元本割れ(もとの資金よりも減ってしまう)という可能性もあるでしょう。

そのため、投資信託はもともとの利益が低いうえに手数料が高めに設定されているので、投資を行った場合には少額の利益しか得ることができない、もしくは元本割れしてしまうというケースが多いのです。

長期的に株で稼いでいくのであれば自分でトレードをした方が良い

ここまで投資信託のメリットとデメリットについて紹介をしてきました。

株式投資をはじめる人の多くは、株で稼ぐことが一つの目標にあるはずです。

人によっては専業投資家となることが将来的な目的かもしれませんし、副業として本業と同額稼ぐことが目的の人もいるかもしれません。

実際にそれだけの金額を投資信託で稼ごうと思うと、数千万円もしくは数億円必要となり現実的ではありません。

投資信託の場合、それぞれの運用成績まで確認することも難しく、何が良くて何が悪いのかを把握することも難しいですし、手数料だけでかなりの痛手となってしまいます。

そのため、長期的に十分な金額を稼ぐことを目的とするのであれば、投資信託をはじめるよりも自分でトレードをする方がおすすめです。

自分でトレードを行えば、技術を身に付けることで継続的に利益を狙えるようになります。

個別銘柄などに自分で投資をすることにより、仮に自分の予測通りにいかなかったとしても、なぜ予想通りにいかなかったのか反省をすることで次のトレードに生かすこともできます。

そうしたことを繰り返していくうちに、株式投資で利益を上げるためのトレードを実際にできるようになっていくのです。

ただし株式投資には「技術」が必要です。

技術を磨いていけば、投資信託で稼げる年間の利益分を自分のトレードによって数ヵ月程度で稼ぐことも可能になります。

技術を磨くための方法については『株の勉強の仕方はどうすればいい? 株を学ぶための正しい方法とは』 の記事をご覧ください。

まとめ

  • 株初心者は自分でトレードをした方が良い
  • 投資信託は自分でトレードをしなくても良いが手数料が痛手となる
  • 投資信託は少額から投資ができるが稼げる金額は少ない

いかがでしたでしょうか。

長期的に見て株で稼いでいきたい場合には、自分でトレードをする方がおすすめです。

特に株は、テクニカル分析などの技術よって自分の力で稼ぐことができるようになります。

もちろん稼げる金額を上げていくためにも、株の技術は磨いていかなければなりません。

特に初心者の内は学ぶことも多く何から学べばよいか迷ってしまう事もあるでしょう。

そのため、当サイトで株初心者向けに学ぶべき株の技術について紹介をしているので、ぜひ他の記事も参考にしてみてください。

【おすすめカテゴリ】
『株式投資初心者のギモン』~株式投資初心者の方の気になる「ギモン」を解決していきましょう~
『投資コラム』~ベテラン投資家でも意外と知られていない、株式投資に関するアレコレをお届けします~

インテク監修 株式投資歴36年以上のプロトレーダー 相場師朗の最新情報をお届け!

合わせて読みたい

株をはじめるための資金はどのように集めればいいの?

こんにちは、インテク事務局です。 株式投資初心者の「ギモン」として、株をは

open & close