初心者がやってはいけない株の投資とは?

こんにちは、インテク事務局です。

資金があれば自由に投資ができる株だからこそ、やってはいけない投資があることをご存知でしょうか。

投資方法はもちろん情報収集や資金調達など、知識が少ないと気づかないうちにやってしまっている事があるのです。

やってはいけない株の投資をしてしまうと、自ら資金を失う要因を作ることになります。

そのような投資を避けてもらうために、今回は「初心者がやってはいけない株の投資」について紹介をします。

この記事でわかること

  • 初心者がやってはいけない投資について
  • 株の投資における根拠の重要性
  • 初心者が株をはじめるために学ぶべきこと

初心者がやってはいけない株の投資を紹介

株式投資をやっている人にとって当たり前のことでも、初心者だと経験や知識が少ないために知らないという事がたくさんあります。

株は売買により利益を手に入れてこそ意味があるので、初心者はまずやってはいけない株の投資について覚えておかなければなりません。

これから紹介する「株でやってはいけないこと」は当たり前な事かもしれませんが、知らないうちにやってしまっている人もいるので、参考にしてもらえると幸いです。

テクニカル分析などの根拠もないお祈りトレード

株初心者の中には、チャートを確認してもテクニカル分析を行わなかったり、何の根拠もなく銘柄を選んでトレードをしていることがあります。

本来であれば株を買うのは株価が上昇するという根拠を得てから行うものであり、チャートを確認してテクニカル分析などを行わなければ、単に株価が上昇することを祈るだけの状態です。

トレードを行う株の銘柄に関しても、チャートを確認せずに自分が好きだからという理由や根拠もなく選んでいる場合には、株価が上昇と下落のどちらに動くのかわからない状態でトレード開始することになります。

そのため根拠のない銘柄選びや、チャートを確認してもテクニカル分析を行わなかったりする場合には、買った株の株価が上昇することを祈るだけのお祈りトレードとなってしまいます。

お祈りトレードはある意味ギャンブルと同様なので、負けてしまっても当然としか言いようがありません。

もちろん自分が祈ったとしても株価が上がることはまずありませんので、やってはいけない株の投資となるのです。

ネットや口コミで知った情報を元にトレード

SNSやネットの掲示板で知った情報を元にトレードをするのも、やってはいけない株の投資となります。

そもそもとして、掲示板やSNSに投稿される情報というのはきちんと裏を取らなければ本当の事なのかわからないことばかりです。

例えば「A社の株は今月中に上昇に転じる」「B社の株は移動平均線の形から上昇トレンドが続く」といった情報を得たとしましょう。

初心者でも単にネットで得た情報であれば信じないかもしれませんが、少し人気がある投資家の投稿だった場合には信じてしまう可能性は十分にあります。

さらに自分が参考にしている人の情報であれば、なおさら盲目的に信じてしまうかもしれません。

もしその情報を元にトレードをしてしまうと、自分がチャートを確認し判断したトレードではなくなります。

そのため、株を買った後に上昇せずに下落を続けたり、株を買った後に移動平均線を確認してみると上昇が続く形では無いこともあるのです。

つまり、嘘か本当か分からない情報でトレードをしてしまい負けてしまう結果となります。

自身の判断ではないので、株の技術が身につくことなく成長もせず、他人を信じてしまった自分の失敗という事になるのです。

投資は自己責任で自分の判断で行うことが基本です。

カードローンや借金、使ってはいけないお金を資金化

株の投資はカードローンなどの借金や将来的に必要となるお金を資金源としてやってはいけません。

当然と言えば当然となりますが、どうしても株をやりたい人や資金があれば勝てると思い込んでいる人の場合には、借金をして株を買ってしまうのです。

例えば、給料から貯金をする余裕が無いために、勝てると信じて簡単に借りられるカードローンを使ってしまったり、将来的に必要となる使ってはいけないお金を投資の資金としてしまうこともあります。

借りたお金で投資をすると絶対に負けられないという気持ちが強くなり、冷静な状態でチャートを分析することができず、根拠のないトレードを繰り返して負けてしまうのです。

もちろん株の投資で必ず勝てるということはないので、借金や使ってはいけないお金を資金源としている時点で返済できない可能性というのが生まれてきます。

この可能性が生まれた時点で、投資ではなくギャンブルをしているようなものとなります。

そのため株の投資では、使ってはいけないお金を資金としてはいけません。

投資で生じるリスクの他に借金というリスクを掛けて行うことになるため、ハイリスクとなり自分の力量では手に負えなくなります。

株式投資は根拠があるからこそ投資となる

基本的に自分で根拠がない投資は、やってはいけない投資となっています。

お祈りトレードやネットの情報でトレードをすることは、基本的に自分で考えずに他人の情報やカンでトレードをしているためギャンブルと同然の状態です。

投資はギャンブルでは無いため、株価が上昇もしくは下落をする根拠を自分で見つけて考えた上で行わなければなりません。

自分の大切な資金をカンや他人の本当かわかならい情報で使ってしまっては、株で利益を狙うことは難しいでしょう。

そこで、株式投資初心者はやってはいけない投資を踏まえつつ、自分でトレードの根拠を持つためにテクニカル分析を学び、株の技術を磨いていくようにしましょう。

テクニカル分析を学ぶことで過去の株価の値動きから、将来の株価の値動きを予測できるようになります。

つまり、他人の情報に頼らなくても自分の分析で根拠ある投資を行えるようになるのです。

株のトレードで上達をするためには、様々な銘柄のチャートを確認してテクニカル分析を行ってみたり、過去のチャートで分析が正しいのかを検証してみることが必要です。

もしテクニカル分析のやり方やチャートの見方を学びたい場合には、当サイトで様々な株の基礎から応用までの記事を掲載しているので参考にしてみてください。

こちらの記事「初心者向け 株式投資の勉強の「正しい」やり方」から読んでみることをおすすめします。

まとめ

  • 初心者はお祈りトレードやネットの情報でトレードをしない方が良い
  • 借金などで株に投資をするのは非常に危険
  • 初心者は根拠あるトレードができるためにテクニカル分析を学ぼう

いかがでしたでしょうか。

株式投資は自分で根拠を持ってトレードを行う結果、投資となるのです。

今回紹介をした初心者がやってはいけない株の投資はギャンブル性が高くなるものが多いので、参考にして自分が当てはまっていないかを確認しましょう。

そして根拠あるトレードができるようにテクニカル分析やチャートの見方を学び、稼げる株式投資を行えるように株の技術を磨いていくことをおすすめします。

 

インテク監修 株式投資歴36年以上のプロトレーダー 相場師朗の最新情報をお届け!

合わせて読みたい

株をはじめるための資金はどのように集めればいいの?

こんにちは、インテク事務局です。 株式投資初心者の「ギモン」として、株をは

open & close