株をはじめるための資金はどのように集めればいいの?

こんにちは、インテク事務局です。

株式投資初心者の「ギモン」として、株をはじめたい初心者はいくらの資金があればはじめられ、どのように集めていけばいいのかというポイントで悩んでしまう事があります。

確かに株式投資未経験者の場合だと、いくらのお金から投資ができ、どのようなお金を集めていけばいいのかわらかないこともあるでしょう。

特にすぐにでも投資をはじめたいという人の場合、余剰資金ではないお金を使ったり余裕が無いのに投資をはじめてしまう事もあり、きちんと株でどのようなお金を使えばいいのか理解をしてなければなりません。

そこで今回は、株をはじめるためにいくらの資金を集めればいいのか、どのような集め方がおすすめなのかを紹介します。

この記事でわかること

  • 初心者が株をはじめるためにおすすめの必要資金
  • 株の資金を集めるためにおすすめの方法
  • 株の資金を集める際に大切なこと

株をはじめるために資金を集めよう

株式投資をはじめるためには、元手となる資金が必要となります。

その元手となる資金をいくら集めればいいのかが、株初心者にとっては一つの悩みとなっている場合が多いのです。

実際に株をはじめるためには5万円ほどの資金からでもはじめることができますが、5万円だと投資ができる株の銘柄が少なく、株価の上昇を期待することができる銘柄に投資ができない可能性があります。

もちろん、5万円の投資だけでは十分な利益を得られないことも多いので、投資金額としては少ないと言えます。

では、初心者が株をはじめるためにはいくらの資金を集めるのがおすすめなのでしょうか?

初心者が株をはじめるなら30万円以上の資金を集めるがおすすめ

初心者が株をはじめるなら最低ラインとして30万円以上の資金を集めるのがおすすめとなります。

そもそも、株を買うための金額というのは株の株価ではなく、株価に購入株数を掛けた金額が必要となります。

基本的に株を買う際には、最低単位数と呼ばれる株を買うために最低限必要な数量が決められており、全ての株で100株からの購入が必要となるのです。

例えば、A社の株価が500円だった場合には、500円から投資ができるわけでは無く、500円×100株=50,000円から購入することができるのです。

そのため、30万円以上の資金があればたくさんの種類の中から銘柄を選ぶことができ、チャートを見て値動きが期待できる株を見つけることができます。

それと、30万円以上という金額は株式投資において信用取引を行うために必要な金額となります。

信用取引は資金を最大3.3倍まで増やすことができ、売りから注文を入れることができる空売りができるのです。

空売りは、高く売って安く買い戻すことができる取引となるので、株価が下落局面でも信用取引の空売りでは利益を狙うことができるのです。

空売りについて詳しくは下落相場でも稼げる方法とは? 空売りでトレードの機会を広げようの記事をご覧ください。

たくさんの銘柄から投資を先を選べ、信用取引で空売りが行なえるということから、30万円以上の資金を集めるのがおすすめとなります。

いきなり大金を集めなくても大丈夫

株をはじめるために数百万円のような大金を用意してはじめても良いのですが、基本的に初心者がそこまでの大金をいきなり集めなくても大丈夫です。

そもそも、株式投資に慣れていないため、実力以上の資金で投資をしてしまうと失敗しやすいのです。

例えば、30万円と300万円ではその金額差は10倍あるため、もし1株300円の銘柄を30万円で1000株、300万円で10000株を買った際に株価が半値まで下落をしてしまうと、30万円の場合には15万円の損失、300万円の場合には150万円の損失となります。

それだけ大金を集めて投資をするということは、リスクもあるので初心者がいきなり大金を取扱っても、技術や資金管理がきちんとできていなければあっという間になくなってしまうだけです。

はじめから大金は必要ないので無理をせずに30万円を準備しましょう。

資金はどのように集めればいい?

さて、初心者が株をはじめるためにおすすめの資金量を紹介したところで、次は資金をどのように集めればいいのかを紹介します。

単純に貯金から資金を集めれば良いと考えるかもしれませんが、貯金から切り崩して投資に使うとしても、使っていいお金なのかを確認しなければなりません。

他にも、投資に回せる貯金が無い場合には他の手段で資金を貯めなければならないので、それらの点について仕事をしている人がどのように資金を集めればいいのかを紹介していきます。

貯金や給料を上手く集めよう

投資資金を集める際に、はじめに検討するべきなのが貯金に余裕があれば貯金から投資資金を集めることです。

単に貯金を切り崩して投資資金を集めれば良いというわけではなく、貯金に余裕があり将来的に必要となる金額を十分に貯められている状態から、余った貯金を投資資金として集めるようにしてください。

貯金がある程度溜まっているからといって、何も考えずに投資資金にしてしまうと、将来的にお金が必要となる場面ですぐにお金を用意できなかったり、最悪の場合に株で負けてしまい資金を大幅に減らしてしまう恐れがあるためです。

例えば、将来子どもが小学校へ入学したり、結婚式などのお金が必要となるイベントを控えている場合には、その際に必要となる資金を計算した上で余った貯金を投資資金にした方が良いでしょう。

もちろん、急にお金が必要となった時の貯金も備えておく必要があるので、必要となるお金を計算した上で余った貯金から投資資金を集めるようにしてください。

それと、毎月の給料から家賃光熱費、食費やその他必要な資金を除いた余剰資金を投資資金として貯めていきましょう。

貯金から投資資金を出せない場合には給料から毎月貯めていくしかないので、こちらでも無理をせずに必要なお金を支払った後に残ったお金を投資資金として貯めていくのがおすすめです。

投資資金を貯めている間は株の練習や勉強をする

30万円の投資資金を貯めている最中は株の練習や勉強をしましょう。

資金を貯めている間に株の勉強をしておけばスムーズに投資をはじめることができます。

まずは株式投資の売買方法やチャートの見方を覚え、トレードを行うために必須のテクニカル分析についても練習をしましょう。

もちろん空売りの方法やリスクについても理解をしておけば、初心者でも幅を持ったトレードをはじめることができます。

どうしてもすぐにトレードを始めてしまうと、基礎が疎かになってしまい利益を出せずに資金を失ってしまう原因となります。

株では基礎となる知識や技術が非常に重要であり、株で稼ぐための実力となるので資金を貯めている間に練習や勉強をした方が良いのです。

後は、実際のトレードで経験を積みながら、必要な知識や技術をさらに学びつつ経験を積み重ねていきましょう。

投資資金は必ず余剰資金で集めること!

最後に、同じことの繰り返しとなるかもしれませんが一番重要なことなので紹介をします。

決して生活費や必要なお金から集めず、将来に必要な貯金をした上での余剰で投資資金を集めるのです。

株式投資は、知識や技術を高めていけば儲けられる可能性は上がりますが、確実にいつも儲けられるわけではありません。

時に大きく負けたり、損失が続く日々が当然ながらあります。

それでも半年や1年、数年という単位で見た時にトータルの損益がプラスになるように目指すのです。

そのため、投資資金に貯金などを大きく使ってしまいすぎると、負けて損失が続いている時期にお金が必要なイベントが重なると、投資を途中で断念して株から資金を回収したり(損失がある状態)、貯金も投資資金も減らしているためお金が準備できないという自体に陥るのです。

何よりも、投資は資金管理やメンタル面が重要となる場合もあるので、必要なお金で投資をしてしまうと負けてしまう事に大きなプレッシャーを感じてしまいさらに負けやすくなってしまうのです。

単に、必要なお金を使ってはいけないことだけではなく、投資を行う際の結果にも大きく繋がるので、余剰資金で投資は行うようにしましょう。

まとめ

  • 初心者が株をはじめる際には30万円以上がおすすめ
  • 株の資金を集める際には貯金や給料から使えるお金を計算する
  • 株の資金を集める際には、必ず余剰資金を集める事

いかがでしたでしょうか。

株をはじめるための資金について、意外と少ない金額からはじめられると思った方も多いでしょう。

実際に5万円程度から株をはじめることはできますが、投資資金として少なすぎるためあまりおすすめはできません。

投資ができる銘柄数や空売りができることなどを考慮しても、やはり30万円以上の金額がおすすめです。

そして、株をはじめる際には資金を集めながら、株の勉強や練習も行っていきましょう。

同時に行っていけば、早く投資をはじめることができるので効率的に準備をすることができます。

当サイトでは、初心者が投資をはじめるための有益な情報を配信しておりますので、ぜひ他の記事も参考にしてみてください。

インテク監修 株式投資歴36年以上のプロトレーダー 相場師朗の最新情報をお届け!

合わせて読みたい

株式投資で株を買った後にはどうすればいい?

こんにちは、インテク事務局です。 株式投資初心者のギモンのひとつとして、株

open & close